新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

源氏物語「若紫・北山の垣間見(尼君、髪をかきなでつつ〜)」のわかりやすい現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
源氏物語『若紫・北山の垣間見・若紫との出会ひ』の原文と現代語訳を徹底解説!

このテキストでは、源氏物語の一節「若紫」の「尼君、髪をかきなでつつ〜」から始まる部分の原文、わかりやすい現代語訳・口語訳とその解説を記しています。「北山の垣間見」や「若紫との出会ひ」とする題する書籍もあるようです。




前回のテキスト

源氏物語「若紫」(尼君、『いで、あな幼や〜)の現代語訳と解説


源氏物語とは

源氏物語は平安中期に成立した長編小説です。一条天皇中宮の藤原彰子に仕えた紫式部が作者とするのが通説です。


原文(本文)

尼君、髪をかきなでつつ、
けづることをうるさがり給へど、をかしの御髪や。いとはかなうものし給ふこそ、あはれにうしろめたけれかばかりになれば、いとかからぬ人もあるものを。故姫君は、十ばかりにて殿に後れ給ひしほど、いみじうものは思ひ知り給へりしぞかし。ただ今、おのれ見捨て奉らば、いかで世におはせむとすらむ。」








とて、いみじく泣くを給ふも、すずろに悲し。幼心地にも、さすがにうちまもりて、伏し目になりてうつぶしたるに、こぼれかかりたる髪、つやつやとめでたう見ゆ

生ひ立たむありかも知らぬ若草をおくらす露ぞ消えむそらなき

※解説:尼君が詠んだ歌




またゐたる大人、
げに。」

うち泣きて、
初草生ひゆく末も知らぬ間にいかでか露の消えむとすらむ

※解説:横にいた女房が詠んだ歌








聞こゆるほどに、僧都あなたより来て、

「こなたはあらはにや侍らむ。今日しも、端におはしましけるかな。この上のの方に、源氏の中将の、わらはやみまじなひにものし給ひけるを、ただ今なむ聞きつけ侍る。いみじう忍び給ひければ、知り侍らで、ここに侍りながら、御とぶらひにもまうでざりける。」


のたまへば、

「あないみじや。いとあやしきさまを人や見つらむ。」


とて簾下ろしつ。

「この世にののしり給ふ光源氏、かかるついでに見奉り給むや。世を捨てたる法師の心地にも、いみじう世の憂へ忘れ、齢伸ぶる人の御ありさまなり。いで御消息聞こえむ。」


とて立つ音すれば、帰り給ひぬ。

つづき:源氏物語『若紫』(あはれなる人を見つるかな〜)の現代語訳と解説





現代語訳(口語訳)

尼君は、(少女の)髪をなでながら、
「髪をとかすことをお嫌がりになりますが、美しい御髪ですね。たいへん幼くいらっしゃるのが、かわいそうで気がかりです。これくらい(の年頃)になれば、こんな(幼稚)ではない人もいるのに。亡くなった姫君(少女の母)は、十歳ぐらいで殿(母親の父・少女からみれば祖父)に先立たれなさったときには、とても道理を理解していらっしゃったのですよ。たった今私が(あなたを)後に残し申し上げて死んでしまったならば、どのようにして世の中に(生きて)いらっしゃるのというのでしょう。」






といって、たいそう泣いているのを(光源氏が)ご覧になるのも、なんということもなく悲しい気がします。(少女は)幼心にも、そうはいってもやはり(尼君のことを)じっと見つめて、伏し目になってうつむいていますが、垂れかかっている髪は、つややかに美しく見えます。

成長していく場所も知らない(これからどのように成長をしていくのかわからない)若草(のような少女のこと)を、後に残して消えていく露(のような老い先の短い私)は、(気になって)消えようにも消える空がない(死んでも死にきれません)。

※解説:尼君が詠んだ歌


その(尼君と少女の)横にいる年配の女房は、





「本当に。」


と泣いて、

萌え出したばかりの若草が成長していく将来もわからないうちに、どうして露(尼君)は消えようとするのでしょうか。

※解説:横にいた女房が詠んだ歌


と申し上げているうちに、僧都があちらから来て、

「こちらは(外から)丸見えではありませんか。今日に限って(部屋の)端にいらっしゃったのですね。この上の高い僧の所に、源氏の中将が瘧病のまじないにいらっしゃったことを、たった今聞きつけました。たいそう人目につかないように隠れていらっしゃったので、存じませんで、ここにおりながら、お見舞いにも参上しませんでした。」






とおっしゃると(尼君は)、

「まぁ大変。とてもみっともない様子を、誰か見てしまったでしょうか。」


と言って簾をおろしてしまいました。(僧都が)

「世間で評判が高くていらっしゃる光源氏を、このような機会に見申し上げなさいませんか。世を捨てた(私のような)法師の心の中にも、たいそう世間の不安を忘れて、寿命が延びるような(気がする光源氏の)ご様子です。さあ、ご挨拶を申し上げましょう。」


と言って立つ音がするので、(光源氏は)お帰りになりました。

つづき:源氏物語『若紫』(あはれなる人を見つるかな〜)の現代語訳と解説


次ページ:品詞分解と単語・文法解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・源氏物語「若紫・北山の垣間見(尼君、髪をかきなでつつ〜)」のわかりやすい現代語訳と解説

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 精選古典B 』三省堂
『教科書 高等学校古典B』 第一学習社
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 840,610 pt 
 役に立った数 492 pt 
 う〜ん数 86 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。