新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
をりふしの移り変わるこそ このテキストでは、兼好法師の書いた徒然草の中の「をりふし移り変はること」(灌仏のころ、祭りのころ、若葉の梢涼しげに茂りゆくほどこそ〜)の品詞分解をしています。2回にわけて書いていますが、このテキストはその2回目です。 ※前回のテ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『狩りの使ひ』 ここでは、伊勢物語の中の『狩りの使ひ』の品詞分解をしています。 現代語訳はこちら 伊勢物語『狩りの使ひ』の現代語訳と文法解説 品詞分解 ※名詞は省略してあります。 昔、男ありけり。その男、伊勢の国に狩りの使ひに行きけるに、かの伊勢... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「みな人は花の衣になりぬなり苔の袂よかわきだにせよ」という歌について説明していきます。 原文 みな人は花の衣になりぬなり苔の袂よかわきだにせよ 現代語訳(口語訳) 人々はみな喪が明けて、はなやかな衣に着... (全て読む)
9_80
Text_level_1
蜻蛉日記 かくてふるほどに かくてふるほどに、その月のつごもりに、 「小野宮の大臣(おとど))かくれ給ひぬ」 とて、世はさわぐ。ありありて、 「世の中いとさわがしかなれば、つつしむとて、え物せぬなり。服になりぬるを、これらとくして」 とはある物か。いとあ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
節は 節(せち)は、五月にしく月はなし。菖蒲(さうぶ)、蓬(よもぎ)などのかをりあひたる、いみじうをかし。九重(ここのへ)の内をはじめて、言ひしらぬ民のすみかまで、いかでわがもとにしげく葺(ふ)かむと、葺(ふ)きわたしたる、なほいとめづらし。いつかはこと... (全て読む)
Top_list_bar_chugaku

1

2

3

4

1_80
Text_level_2
「芳しい」の正しい読み方 言葉の意味は知っているけどなかなか読むことができない。そんな漢字にフォーカスしていきます。今回は「芳しい」です。このテキストでは「芳しい」の正しい読み方と意味について解説していきます。 [ad 001] 「芳しい」の読み方 「芳... (全て読む)
7_80
Text_level_1
入射角 この図は、海に光がとびこんでいる様子です。光が飛び込んでいるもの(ここでは海)に対して垂直な線(点線)を引き、光がどれくらいの角度で飛び込んでいるのかを表したものを入射角と言います。 光の屈折 ちなみにこのとき光は、空気という状態の中から、海と... (全て読む)
2_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、「~は~です」という肯定文を「~は~でない」という否定文にする方法を説明します。be動詞、一般動詞、助動詞を使った3パターンについて紹介していきます。 be動詞 まずはbe動詞を使った文章の場合です。be動詞とは何か覚えていま... (全て読む)
1_80
Text_level_1
【読解力】 これで「どっかいりょく」と読みます。訓読みですと「読み解く力」となります。言葉の並んでいる文を見て、その意味を理解することができる能力のことです。 これは国語だけでなく、日常を過ごす中で必要になってくる力です。といっても、大したことはありませ... (全て読む)
1_80
Text_level_2
「食む」の正しい読み方 言葉の意味は知っているけどなかなか読むことができない。そんな漢字にフォーカスしていきます。今回は「食む」です。このテキストでは「食む」の正しい読み方と意味について解説していきます。 [ad 001] 「食む」の読み方 「食む」は「... (全て読む)

知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
261,072,760 views (10/29更新)



キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari