新規登録 ログイン
検索条件
タグ ウ音便

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
源氏物語『若紫・北山の垣間見・若紫との出会ひ』の現代語訳 このテキストでは、源氏物語の中の『若紫(尼君、髪をかきなでつつ〜)』の現代語訳・口語訳とその解説をしています。「北山の垣間見」や「若紫と... (全て読む)
9_80
Text_level_1
枕草子『宮に初めて参りたるころ』 ここでは、枕草子の中の『宮に初めて参りたるころ』(宮に初めて参りたるころ、もののはづかしきことの数知らず〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 [ad ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『若紫・北山の垣間見・若紫との出会ひ』の現代語訳 このテキストでは、源氏物語の中の『若紫(あはれなる人を見つるかな。〜)』の現代語訳・口語訳をしています。「北山の垣間見」や「若紫との出会... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語『忠度の都落ち』 このテキストでは、平家物語の中の『忠度の都落ち』の「三位これを開けて見て〜」から始まる部分の現代語訳(口語訳)とその解説をしています。 ※前回のテキスト: 平家物語『忠... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『木の花は』 このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中から「木の花は」(木の花は、濃きも薄きも紅梅〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] 原文 木の花は、濃きも薄... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いみじ シク活用の形容詞「いみじ」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。 形容詞・シク活用 |未然形|いみじく|いみじから| |連用形|いみじく|いみじかり| |終止形|いみじ|◯| |... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あやし/怪し/奇し/賤し このテキストでは、シク活用の形容詞「あやし」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 形容詞・シク活用 |未然形|あやしく|あやしから| |連用... (全て読む)
9_80
Text_level_1
こころもとなし/心許なし このテキストでは、ク活用の形容詞「こころもとなし/心許なし」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 形容詞・ク活用 |未然形|こころもとなく|... (全て読む)
1_80
Text_level_1
やうやう/漸う 「やうやう/漸う」は「やうやく/漸く」のウ音便である。 副詞 意味1 だんだん、次第に。 [出典]: 枕草子 清少納言 「春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫... (全て読む)
9_80
Text_level_1
枕草子『宮に初めて参りたるころ』 ここでは、枕草子『宮に初めて参りたるころ』の「昼つかた、『今日は、なほ参れ。』」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 ※ 『宮に初めて参りた... (全て読む)

1

2

3

4