新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

源氏物語「若紫・北山の垣間見・若紫との出会い(あはれなる人を見つるかな。〜)」の現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
源氏物語『若紫・北山の垣間見・若紫との出会ひ』の現代語訳

このテキストでは、源氏物語の一節『若紫』(あはれなる人を見つるかな。〜)の原文、わかりやすい現代語訳・口語訳とその解説を記しています。書籍によっては、「北山の垣間見」や「若紫との出会ひ」などと題するものもあるようです。




前回のテキスト

源氏物語「若紫」(尼君、髪をかきなでつつ〜)の現代語訳と解説


源氏物語とは

源氏物語は平安中期に成立した長編小説です。一条天皇中宮の藤原彰子に仕えた紫式部が作者とするのが通説です。


原文(本文)

あはれなる人をつるかな。かかれば、このすき者どもは、かかる歩きをのみして、よくさるまじき人をも見つくるなりけり。たまさかに立ち出づるだに、かく思ひのほかなることを見るよと、をかしう思すさても、いとうつくしかりつる稚かな、何人ならむ、かの人の御代はりに、明け暮れの慰めにも見ばや、と思ふ心深うつきぬ。





現代語訳(口語訳)

素敵な人を見たものだなぁ。このよう(かわいい人が目に留まるの)であるから、この色好者たちは、このような忍び歩きばかりして、よく意外な人を見つけになるものだなぁ。偶然に出てきてさえ、このように思いがけないことに出会うものだよと、面白くお思いになります。ほんとにまあ、大変かわいらしい子であった、どのような人なのだろう、あの人の御代わりに、明け暮れの慰めに(あの子を)見たいものだ、と思う心が深くなっていきました。




品詞分解

※品詞分解:源氏物語「若紫・北山の垣間見(あはれなる人を見つるかな〜)」の品詞分解


単語解説

あはれなりしみじみとかわいい、素敵だ
たまさかなり偶然である、たまたまである
をかしう形容詞「をかし」の連用形「をかしく」のウ音便。
かの人ここでは藤壺を指している
深う形容詞「深し」の連用形「ふかく」のウ音便



関連テキスト

・源氏物語「桐壷・光源氏の誕生

・源氏物語「夕顔・廃院の怪

・源氏物語「若紫・北山の垣間見

・源氏物語「葵・物の怪の出現

・源氏物語「須磨・須磨の秋

・源氏物語「澪標・住吉参詣

・源氏物語「薄雲・母子の別れ・明石の君の苦悩

・源氏物語「若菜上・夜深き鶏の声

・源氏物語「御法・紫の上の死




著者情報:走るメロスはこんな人

学生時代より古典の魅力に取り憑かれ、社会人になった今でも休日には古典を読み漁ける古典好き。特に1000年以上前の文化や風俗をうかがい知ることができる平安時代文学がお気に入り。作成したテキストの総ページビュー数は1,6億回を超える。好きなフレーズは「頃は二月(にうゎんがつ)」や「月日は百代の過客(くゎかく)にして」といった癖のあるやつ。早稲田大学卒業。
Tunagari_title
・源氏物語「若紫・北山の垣間見・若紫との出会い(あはれなる人を見つるかな。〜)」の現代語訳と解説

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
『教科書 精選古典B 』三省堂
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
『教科書 高等学校古典B』 第一学習社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 317,158 pt 
 役に立った数 511 pt 
 う〜ん数 38 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。