新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

枕草子『宮に初めて参りたるころ』(昼つかた〜)現代語訳・口語訳と文法解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
枕草子『宮に初めて参りたるころ』

ここでは、枕草子『宮に初めて参りたるころ』の「昼つかた、『今日は、なほ参れ。』」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。

『宮に初めて参りたるころ』(宮に初めて参りたるころ、もののはづかしきことの数知らず〜)の現代語訳

原文(本文)

昼つかた
「今日は、(※1)なほ参れ。雪に曇りてあらはにもあるまじ。」

など、たびたび召せば、この局のあるじも、
見苦し(※2)さのみやはこもりたらむとする。あへなきまで御前許されたるは、さおぼしめすやうこそあらめ。思ふにたがふにくきものぞ。」

と、ただいそがしに出だし立つれば、(※3)あれにもあらぬ心地すれど参るぞ、いと苦しき。火焼屋の上に降り積みたるも、(※4)めづらしう、をかし。

現代語訳(口語訳)

昼ごろ、
「今日は、やはり参上しなさい。雪雲で(空が)曇っているので(姿が)丸見えでもないでしょう。」

などと、(中宮様が)何度もお呼び寄せになるので、この部屋の主(である女房)も、
「みっともないですよ。ひたすらそのように引きこもってばかりいてよいのでしょうか、いやよくないです。あっけないほど(簡単に中宮様の)御前へのお目通りが許されているということは、(中宮様が)そのようにお思いになることがあってのことでしょう。(中宮様の)ご好意にそむくのは気に食わないことですよ。」

と言って、ひたすらせきたてて出仕させるので、無我夢中の気持ちがするけれど(中宮様のもとへ)参上するのは、とてもつらいものです。(雪が)火焼屋の上に降り積もっているのも、すばらしく、趣があるものです。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・枕草子『宮に初めて参りたるころ』(昼つかた〜)現代語訳・口語訳と文法解説

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
『教科書 高等学校古典B』 第一学習社
『教科書 精選古典B 古文編』 東京書籍
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 57,833 pt 
 役に立った数 90 pt 
 う〜ん数 10 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。