新規登録 ログイン
検索条件
科目 現代文
タグ

1

2

3

4

8_80
Text_level_1
足を洗うの語源 職業を辞めるや、悪いことから身を引くときに使われる「足を洗う」という表現ですが、そもそもなんでこのような言い回しをするようになったのでしょうか。 仏教が由来 昔の僧は、修行のため... (全て読む)
8_80
Text_level_1
はじめに 2回にわけて、評論と小説の解法テクニックを書いていきます。このテキストはその一回目です。必ずしもここに書いてある解き方が正しいというわけではありませんので、あくまでもみなさん独自の解き... (全て読む)
8_80
Text_level_1
月の名前 古典を読むうえで、月の名前を知っていることは大前提です。 旧月は当時の人々の季節の感覚を今に伝えています。 1月は睦月、2月は如月、3月は弥生といったように各月は、それぞれ現在とは違っ... (全て読む)
8_80
Text_level_1
受験国語において、現代文と呼ばれる分野は“評論”と“小説”の二つがあります。ここでは、小説の解き方について述べていくことにします。 [ad 001] 小説 問題形式としては、まず語彙の意味を答え... (全て読む)
8_80
Text_level_1
「意思」と「意志」 言い方は似ているにもかかわらず実は意味が違う。そんな言葉にフォーカスをして連載していきます。第3回は意思と意志についてみていきましょう。 [ad 001] 「意思」 意思は「... (全て読む)
8_80
Text_level_1
はじめに 大正時代の文豪夏目漱石。このテキストでは、1914年(大正3年)から朝日新聞で連載されのちに漱石自身の装丁で刊行された「こゝろ」の要約をご紹介します。 [ad 001] こゝろ 物語は... (全て読む)
8_80
Text_level_1
「特徴」と「特長」 似たような言い回しをするけれど、実は意味が違う。そんな言葉にフォーカスをして連載していきます。第6回は特徴と特長についてみていきましょう。どちらも"とくちょう"と読みますが、... (全て読む)
8_80
Text_level_1
「青田刈り」と「青田買い」 似たような言い回しをするけれど、実は意味が違う。そんな言葉にフォーカスをして連載していきます。第1回目は青田刈りと青田買いについてみていきましょう。 [ad 001]... (全て読む)
8_80
Text_level_1
似たような言い回しをするけれど、実は意味が違う。そんな言葉にフォーカスをして連載していきます。第4回は聞くと聴くについてみていきましょう。 「聞く」 意識しないでただ耳に入ってくる音を受け入れる... (全て読む)
8_80
Text_level_1
はじめに ここでは村上春樹の『ノルウェイの森』について要約しています。長編小説ですので、物語の中心人物(「僕」、「直子」、「みどり」)のやりとりを中心に要約しています。 [ad 001] ノルウ... (全て読む)

1

2

3

4