新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

竹取物語『かぐや姫の嘆き・かぐや姫の昇天』わかりやすい現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
『かぐや姫の嘆き・かぐや姫の昇天』原文・現代語訳と解説

このテキストでは、竹取物語の一節「かぐや姫の嘆き」(八月十五日ばかりの月に出でゐて〜)の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。書籍によっては「かぐや姫の昇天」と題するものもあるようです。



竹取物語とは

竹取物語は、平安時代初期に成立したとされる物語です。正確な成立年や作者は未詳です。


原文

八月十五日ばかりの月に出でゐて、かぐや姫いといたく泣き給ふ。人目も今はつつみ給はず泣き給ふ。これを見て、親どもも

「何事ぞ。」


と問ひさわぐ





かぐや姫泣く泣く言ふ、
さきざきも申さむと思ひしかども、必ず心惑ひし給はむものぞと思ひて、今まで過ごし侍りつるなり。さのみやはとて、うち出で侍りぬるぞ。

おのが身はこの国の人にもあらず。月の都の人なり。それを、(※1)昔の契りありけるによりなむ、この世界にはまうで来たりける。今は帰るべきになりにければ、この月の十五日に、かのもとの国より、迎へに人々まうで来むず。さらずまかりぬべければ、思し嘆かむが悲しきことを、この春より思ひ嘆き侍るなり。」


と言ひて、いみじく泣くを、翁、

「こは、なでふことのたまふぞ。竹の中より見つけ聞こえたりしかど、菜種の大きさおはせしを、我が丈たち並ぶまで養ひたてまつりたる我が子を、何人か迎へ聞こえむ。 まさに許さむや。」


と言ひて、

「我こそ死なめ。」


とて、泣きののしること、いと堪へがたげなり。







かぐや姫のいはく
「月の都の人にて、父母あり。片時の間とて、かの国よりまうで来しかども、かくこの国にはあまたの年をぬるになむありける。かの国の父母のこともおぼえず、ここには、かく久しく(※2)遊び聞こえて、ならひ奉れり。いみじからむ心地もせず。悲しくのみある。
されど、おのが心ならずまかりなむとする。」



と言ひて、もろともに(※3)いみじう泣く。使はるる人々も、年ごろならひて、たち別れなむことを、心ばへなどあてやかにうつくしかりつることを見ならひて、恋しからむことの堪へがたく、湯水飲まれず、同じ心に嘆かしがりけり。





現代語訳

八月十五日ごろの月の夜に(縁側に)出て座り、かぐや姫はたいそうひどくお泣きになる。今は人目もはばかりなさらずに泣いていらっしゃる。これを見て、親たちも

「どうしたのだ。」


と尋ね動揺している。かぐや姫が泣きながら言うことには

「以前も申し上げようと思っていましたが、きっと当惑なさるに違いないと思い、今まで(言わずに)過ごして参りました。(しかし)ひたすらそうして(言わずに過ごして)いられようか、いや、いられないと(思い)、打ち明けるのでございます。





私の身はこの国の人間ではありません。月の都の人間です。それを、前世の約束があったために、この世界にやって参りました。今は帰らなければならないときになったので、今月の十五日に、あの元の国から、(私を)迎えに人々がやって参りましょう。やむをえず(月の都へ)参らなければなりませんので、(おじいさん、おばあさんが)嘆き悲しまれるようなことが切ないということを、(私は)この春から嘆き悲しんでいるのです。」


と言って、ひどく泣くので、竹取の翁は、

「これは、何ということをおっしゃるのですか。竹の中から見つけ申し上げましたが、菜種ほどの大きさでいらっしゃったのを、私の背丈と同じほどになるまで同じほどになるまで養い申し上げたわが子を(私から引き離して)、どんな人がお迎え申し上げられましょうか、いや、できるはずがない。どうして許しましょうか、いや、許さない。」


と言って、

「私が死のう。」


と泣き喚いている様子は、とても堪えられない様子である。



かぐや姫が言うことには、

「月の都の人である、父と母がいます。ほんのわずかな間ということで、あの国(月の国)からやって参りましたが、このようにこの国(日本)で長い年月を過ごしてしまいました。あの国の父・母のことは思い出されず、こちらでは、このように長い間楽しく過ごし申し上げて、(おじいさんとおばあさんに)慣れ親しみ申し上げております。(帰ることに対して)嬉しいような気持ちもしません。悲しみだけがあります。しかし、自分の気持ちに反しておいとましようとしているのです。」


と言って、一緒にはげしく泣く。



(かぐや姫の)身辺のお世話をさせられている人々も、長年親しんで(いながらも)、別れてしまうことを、(かぐや姫が)気立てなどが上品でかわいらしい様子であったのを見慣れていたので、(その姿をかぐや姫が帰ったあとに)恋しく思うようなことが堪えがたく、湯水も飲むことができずに、(おじいさん、おばあさんと)同じ気持ちで悲嘆にくれるのであった。


品詞分解

・『かぐや姫の嘆き』の品詞分解1(八月十五日ばかりの月に~)

・『かぐや姫の嘆き』の品詞分解2(かぐや姫のいはく~)





単語・文法解説

(※1)昔前世
(※2)遊び聞こゆ「聞こゆ」はここでは補助動詞
(※3)いみじうシク活用の形容詞「いみじ」の連用形「いみじく」のウ音便



関連テキスト

・竹取物語『冒頭』(今は昔、竹取の翁といふもの〜)

・竹取物語『蓬莱の玉の枝』(くらもちの皇子は〜)

・竹取物語『蓬莱の玉の枝』(かかるほどに、門をたたきて〜)

・竹取物語『蓬莱の玉の枝』(翁、皇子に申すやう、)

・竹取物語『蓬莱の玉の枝』(その山、見るに、さらに登るべきやうなし。~)

・竹取物語『蓬莱の玉の枝』(かかるほどに、男ども六人、つらねて~)

・竹取物語『火鼠の皮衣』(家の門に持て至りて立てり)

・竹取物語『帝の求婚』(帝、にはかに日を定めて~)

・竹取物語『かぐや姫の嘆き』(八月十五日ばかりの月に出でゐて、~)

・竹取物語『かぐや姫の昇天』(かかるほどに、宵うち過ぎて、〜)

・竹取物語『かぐや姫の昇天』(立てる人どもは~)

・竹取物語『かぐや姫の昇天』(竹取、心惑ひて~)

・竹取物語『かぐや姫の昇天』(天人の中に持たせたる箱~)

著者情報:走るメロスはこんな人

学生時代より古典の魅力に取り憑かれ、社会人になった今でも休日には古典を読み漁ける古典好き。特に1000年以上前の文化や風俗をうかがい知ることができる平安時代文学がお気に入り。作成したテキストの総ページビュー数は1,6億回を超える。好きなフレーズは「頃は二月(にうゎんがつ)」や「月日は百代の過客(くゎかく)にして」といった癖のあるやつ。早稲田大学卒業。
Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
『教科書 高等学校 国語総合』 第一学習社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 298,576 pt 
 役に立った数 390 pt 
 う〜ん数 67 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。