新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

竹取物語『かぐや姫の昇天・天の羽衣』(天人の中に持たせたる箱~)のわかりやすい現代語訳

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
竹取物語『かぐや姫の昇天』の原文・現代語訳とテストに役立つ解説

このテキストでは、竹取物語の一節"かぐや姫の昇天"の「天人の中に、持たせたる箱〜」から始まる部分のわかりやすい現代語訳・口語訳を記しています。書籍によっては「天の羽衣」と題するものもあるようです。





前回のテキスト

竹取物語「竹取、心惑ひて~」の現代語訳


竹取物語とは

竹取物語は、平安時代初期に成立したとされる物語です。正確な成立年や作者は未詳です。


原文

天人の中に、持たせたる箱あり。天の羽衣入れり。またあるは不死の薬入れり。一人の天人言ふ、

「壺なる御薬奉れ。きたなき所のもの聞こしめしたれば、御心地悪しからむものぞ。」


とて、持て寄りたれば、いささかなめ給ひて、少し形見とて、脱ぎ置く衣に包まむとすれば、ある天人包ませず、御衣を取り出で着せむとす。






その時にかぐや姫、



と言ふ。

「衣着せつる人は、心異になるなりといふ。もの一言、言ひ置くべきことありけり。」


と言ひて、文書く。天人、

遅し。」


心もとながり給ふ。かぐや姫、

「物知らぬことなのたまひそ。」


とて、いみじく静かに、朝廷に御文奉り給ふ。あわてぬさまなり。







「かくあまたの人を賜ひとどめさせ給へど、許さぬ迎へまうで来て、取り率まかりぬれば、口惜しく悲しきこと。宮仕へ仕うまつらずなりぬるも、かくわづらはしき身にてはべれば、心得おぼしめされつらめども、心強く承らずなりにしこと、なめげなるものに思しめしとどめられぬるなむ、心にとまり侍りぬる。」







とて、

今はとて天の羽衣着るをりぞ君をあはれと思ひ出でける

とて、壺の薬添へて、頭中将呼び寄せて奉らす。中将に、天人取り伝ふ。中将取りつれば、ふと天の羽衣うち着せ奉りつれば、翁をいとほしかなし思しつることも失せぬ。この衣着つる人は、もの思ひなくなりにければ、車に乗りて、百人ばかり天人具し昇りぬ。


次ページ:現代語訳・口語訳と品詞分解

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・竹取物語『かぐや姫の昇天・天の羽衣』(天人の中に持たせたる箱~)のわかりやすい現代語訳

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 高等学校 古典 古文編』 三省堂
『教科書 国語総合 古典編』 東京書籍

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 547,941 pt 
 役に立った数 593 pt 
 う〜ん数 153 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!