新規登録 ログイン
検索条件
タグ 口語訳

1

2

3

4

10_80
Text_level_1
史記『鴻門之会』 このテキストでは、史記の中の『鴻門之会』(沛公旦日従百余騎〜)の原文(白文)、書き下し文、現代語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ここから読み進める人は、ここまで... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【原文】 この君の御童姿、いと変へまうく思せど、十二にて御元服したまふ。居起ち思しいとなみて、限りある事に事を添へさせたまふ。 一年の春宮の御元服、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『芥川・白玉か』 このテキストでは、伊勢物語の『芥川』の「昔、男ありけり。女の、え得まじかりけるを〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては「白玉か」と題... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『先従隗始/先づ隗より始めよ』 このテキストでは、中国の書物「戦国策」の「燕人立太子平為君〜」から始まる部分の原文、書き下し文と現代語訳・口語訳、そして文法の解説を行っています。戦国策の燕の章に... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『東下り・三河』 このテキストでは、伊勢物語の9段「東下り」の「昔、男ありけり。その男、身をえうなきものに思ひなして〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。伊勢物語... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『祇園精舎』 このテキストでは、平家物語の冒頭「祇園精舎」(祇園精舎の鐘の声諸行無常の響きあり〜)の現代語訳・口語訳と解説をしています。「祇園精舎の鐘の声〜」で始まる一節で広く知られている平家物... (全て読む)
9_80
Text_level_1
更級日記『門出(東路の道の果て・あこがれ)』 このテキストでは、菅原孝標女が書いた更級日記の中から『門出』(東路の道の果てよりも〜)の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。書籍によっては「東... (全て読む)
10_80
Text_level_1
史記『四面楚歌』 このテキストでは、史記『項羽本紀』の中の『四面楚歌』(項王軍壁垓下〜)の原文(白文)、書き下し文、現代語訳と解説を記しています。「四面楚歌」とは、「敵や反対する者に囲まれて孤立... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『春は曙(あけぼの)』 このテキストでは、枕草子の冒頭「春はあけぼの〜」の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。作者は清少納言です。清少納言は平安時代中期の作家・歌人です。一条天皇の皇后であ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『初冠』 このテキストでは、伊勢物語の第1段、「初冠」(昔、男初冠して、平城の京、春日の里に〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。伊勢物語は平安時代初期に書かれた歌物語です。作者... (全て読む)

1

2

3

4