manapedia
更新日時:
枕草子『宮に初めて参りたるころ』現代語訳・口語訳と文法解説
著作名: 走るメロス
310,194 views
枕草子『宮に初めて参りたるころ』

ここでは、枕草子の中の『宮に初めて参りたるころ』(宮に初めて参りたるころ、もののはづかしきことの数知らず〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。



※枕草子は清少納言によって書かれた随筆です。兼好法師の『徒然草』、鴨長明の『方丈記』と並んで「古典日本三大随筆」と言われています。
原文(本文)

に初めて参りたるころ、ものの(※1)はづかしきことの数知らず、涙も落ちぬべければ、夜々参りて、三尺の御几帳のうしろに候ふに、絵など取り出で見せさせ給ふを、手にてもえさし出づまじう、(※2)わりなし
「これは、とあり、かかり。それが、かれが。」

などのたまはす。高坏に参らせたる大殿油なれば、髪の筋なども、(※3)なかなか昼よりも顕証に見えて(※4)まばゆけれど、念じて見などす。いと冷たきころなれば、さし出でさせ給へる御手の(※5)はつかに見ゆるが、(※6)いみじう(※7)にほひたる薄紅梅なるは、(※8)限りなくめでたしと、見知ら(※9)里人心地には、かかる人こそは世におはしましけれと、(※10)おどろかるるまでぞ、まもり参らする。

には、とく下りなむといそがるる。
(※11)葛城の神しばし。」

など仰せらるるを、いかでかは筋かひ御覧ぜられむとて、なほ臥したれば、御格子も参らず。女官ども参りて、
「これ、放たせ給へ。」

など言ふを聞きて、女房の放つを、
まな。」

と仰せらるれば、笑ひて帰りぬ。ものなど問はせ給ひ、のたまはするに、(※12)久しうなりぬれば、
「下りまほしうなりにたらむ。さらばはや夜さりは、とく。」

と仰せらる。

(※13)ゐざり帰るに(※14)や遅きと、上げちらしたるに、雪降りにけり。登華殿の御前は、立蔀近くてせばし。雪いとをかし

※つづく:『宮に初めて参りたるころ』(昼つかた〜)の現代語訳と解説

現代語訳(口語訳)

(中宮定子様の)御所に初めて出仕申し上げたころ、気が引けてしまうことがたくさんあり、(緊張で)涙もこぼれ落ちてしまいそうなほどで、夜ごとに参上しては、三尺の御几帳の後ろにお控え申し上げていると、(中宮様が)絵などを取り出して見せてくださるのを、(私は)手さえも差し出すことができないほど(気恥ずかしく)、どうしようもない状態でいます。


「これは、ああだ、こうだ。それが、あれが。」

などと(中宮様が)おっしゃいます。高坏にお灯しして差し上げさせた火なので、(私の)髪の筋などが、かえって昼(間の時間帯)よりも際立って見えて恥ずかしいのですが、(気恥ずかしいのを)我慢して(中宮様の出した絵を)拝見したりなどします。とても(寒く)冷える頃なのですが、(中宮様が)差し出されるお手がかすかに見え、(その手の)美しさが映えて薄紅梅色であることが、この上なく美しいと、(まだ中宮様のことをよく)わかっていない(田舎心地の私のような)者には、このような人がこの世にいらっしゃるのだなぁと、はっとするほどで、じっと見つめ申し上げています。

夜明け前には、早く退出しようと気がせかれます。
「(自分の醜さを恥じらう例えで)葛城の神も、もうしばらく(いなさい)。」

と(中宮様が)おっしゃるのですが、(私は)なんとかして、斜めに向かい合って(私を)ご覧いただこうとして、やはりうつぶしているので、御格子もお上げ申し上げずにいます。女官たちが参上してきて、
「これを、お開けください。」

などと言うのを聞いて、(他の)女房が(格子を)上げるのを(中宮様は)
「(上げては)だめ。」

とおっしゃるので、(女房たちも)笑って帰っていきました。



(中宮様が私に)あれこれお尋ねになり、お話されるうちに、だいぶ時間がたったので、
「(初めての宮仕えで)退出したくなってしまっていることでしょう。それならば、早く(退出しなさい)。今夜は、すぐに(いらっしゃい)。」

と(中宮様が)おっしゃいます。

膝をついた状態で移動して(退出して自分の部屋に)帰るやいなや、(格子を)むやみやたらに上げたところ、(外には)雪が降っていたのでした。登華殿の御前は、立蔀が近くに立ててあって狭いです。雪はとても風情があります。

※つづく:『宮に初めて参りたるころ』(昼つかた〜)の現代語訳と解説

次ページ:品詞分解と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。