新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「はなつ/放つ」の意味・解説【タ行四段活用】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
はなつ/放つ

ALT

タ行四段活用

未然形はなた
連用形はなち
終止形はなつ
連体形はなつ
已然形はなて
命令形はなて


意味1:他動詞

手放す、人手に渡す、身から離す

[出典]花山院の出家 大鏡
「弘徽殿の女御の御文の、日ごろ破り残して御身も放たず御覧じけるを思し召し出でて...」

[訳]:(花山天皇は)弘徽殿の女御のお手紙で、普段破り捨てずに残して、肌身離さずご覧になっていたものをお思い出しになって...


意味2:他動詞

逃がす、解き放つ、自由にする

[出典]:鈴虫 源氏物語
「この野に虫どもはなたせ給ひて...」

[訳]:(光源氏は)この野原に虫たちをお解き放しになり...


意味3:他動詞

(戸や格子などを)開ける、開け放つ

[出典]宮に初めて参りたるころ 枕草子
「これ、放たせ給へ。」

[訳]:これを、お開けください。


意味4:他動詞

(音や光、声などを)発する

[出典]:竜の頸の玉 竹取物語
「寿詞を放ちて立ち居、泣く泣く呼ばひたまふこと...」

[訳]:祈りの言葉を発して立ったり座ったりし、泣きながら(神様に)呼びかけ続けられることを...


意味5:他動詞

(矢などを)射る

[出典]:那須与一 平家物語
「与一鏑をとってつがひ、よっぴいてひゃうど放つ。」

[訳]:(那須)与一は鏑矢を取って(弓に)つがえ、十分に引きしぼってひゅっと射る


意味6:他動詞

除外する、さしおく、外す

[出典]:清涼殿の丑寅の 枕草子
「ほとど継ぎ目も放ちつべし。」

[訳]:(緊張して)もうちょっとで(墨を挟む道具の)継ぎ目から(墨を)外してしまいそうです。


意味7:他動詞

追放する、流罪にする、解任する

[出典]:須磨 源氏物語
「遠く放ち遣はすべき定めなどもはべるなるは...」

[訳]:遠方へ流罪にして行かせるようにという決定などもあると聞いておりますのは...

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 3,224 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。