manapedia
更新日時:
伊勢物語『つひにゆく道』(昔、男わづらひて、心地死ぬべく〜)の現代語訳・口語訳と解説
著作名: 走るメロス
34,735 views
伊勢物語『つひにゆく道』

このテキストでは、伊勢物語の125段『つひにゆく道』(昔、男わづらひて、心地死ぬべくおぼえければ〜)の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。



※伊勢物語は平安時代初期に書かれた歌物語です。作者は未詳ですが、在原業平がモデルではないかと言われています。
原文(本文)

昔、男わづらひて、心地死ぬべくおぼえければ、

(※1)つひにゆく道とは(※2)かねて聞きしかど(※3)昨日今日とは思はざりしを

この歌の解説


現代語訳(口語訳)

昔、ある男が病気になって、気分がすぐれず(今にも)死にそう(な気分)になったので(次の歌を詠みました。)

(誰しもが)最後に通る道とは以前から聞いていましたが、(まさか自分にとってのそれが)昨日今日(に差し迫ったもの)だとは思いもしませんでしたよ

この歌の解説



単語解説

(※1)つひに最終的に、最後に
(※2)かねて以前から
(※3)昨日今日とは「死」が間近にせまっているとは


品詞分解

※品詞分解:伊勢物語『つひにゆく道』の品詞分解

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。