manapedia
更新日時:
西行法師『年たけてまた越ゆべしと思ひきや命なりけり小夜の中山』現代語訳・句切れ・品詞分解
著作名: 走るメロス
54,765 views
はじめに

このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「年たけてまた越ゆべしと思ひきや命なりけり小夜の中山」の原文、現代語訳(口語訳)、解説と品詞分解を記しています。



※新古今和歌集(しんこきんわかしゅう)は、鎌倉時代初期に編纂された勅撰和歌集(ちょくせんわかしゅう)です。勅撰和歌集とは、天皇や上皇の命令により編集された和歌集のことです。

原文

年たけてまた越ゆべしと思ひきや命なりけり小夜の中山

ひらがなでの読み方

としたけて またこゆべしと おもひきや いのちなりけり さやのなかやま

現代語訳(口語訳)

年老いてから、この山をまた超えることができる(旅ができる)と思っただろうか、いや思いはしなかった。小夜の中山を越えることができるのは、命があるからこそだなぁ。



解説・鑑賞のしかた

当時、都から関東に行くには、鈴鹿(三重)、小夜の中山(静岡)、箱根(神奈川)と3つの難所を越えなければならず、大変な苦労をしました。西行が晩年、関東へ旅をした際の「こうやって難所の山を再び越えることができるのも今まで生きてこられたからだ」という喜びが、この歌から感じることができます。ちなみにこの句は三句切れ・四句切れです。

単語

年たけ「たく」は、時が経つ、歳をとるという意味


品詞分解

※名詞は省略しています。



たけカ行下二段活用・連用形
接続助詞
また副詞
越ゆヤ行下二段活用・終止形
べし可能の助動詞・終止形
格助詞
思ひハ行四段活用・連用形
過去の助動詞・終止形
反語を表す終助詞
なり断定の助動詞・連用形
けり詠嘆の助動詞・終止形
小夜
格助詞
中山


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。