manapedia
更新日時:
源氏物語「若紫・北山の垣間見(尼君、「いで、あな幼や〜)」の品詞分解(助動詞・敬語など)
著作名: 走るメロス
178,225 views
源氏物語『若紫・北山の垣間見・若紫との出会ひ』

このテキストでは、源氏物語の中の『若紫(尼君、「いで、あな幼や〜)』の品詞分解を記しています。「北山の垣間見」や「若紫との出会ひ」、「若紫の君」とする書籍もあるようです。



※前回のテキスト「日もいと長きにつれづれなれば〜」の品詞分解

※現代語訳:尼君、「いで、あな幼や〜」の現代語訳と解説

※源氏物語は平安中期に成立した長編小説です。一条天皇中宮の藤原彰子に仕えた紫式部が作者とするのが通説です。
品詞分解

※名詞は省略しています。


尼君、「いで、あな幼や。言ふかひなうものし給ふかな。おのがかく今日明日におぼゆる命をば、何とも思したらで、雀慕ひ給ふほどよ。

尼君、
「いで、感動詞
あな感動詞
形容詞・ク活用の語幹
や。間投助詞
言ふかひなう形容詞・ク活用・連用形のウ音便
ものしサ行変格活用・連用形
給ふ尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・連体形
かな。終助詞
おの代名詞
格助詞
かく副詞
今日明日
格助詞
おぼゆるヤ行下二段活用・連体形
格助詞
ば、格助詞
代名詞
格助詞
係助詞
思しサ行四段活用・連用形
たら存続の助動詞・未然形
で、接続助詞
慕ひハ行四段活用・連用形
給ふ尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・連体形
ほど
よ。終助詞



罪得ることぞと、常に聞こゆるを、心憂く。」とて、「こちや。」と言へばついゐたり。

得るア行下二段活用・連体形
こと
係助詞
と、格助詞
常に副詞
聞こゆるヤ行下二段活用・連体形
を、接続助詞
心憂く。」形容詞・ク活用・連用形
格助詞
て、接続助詞
「こち代名詞
や。」間投助詞
格助詞
言へハ行四段活用・已然形
接続助詞
ついゐワ行上一段活用・連用形。「ついゐる」は、「つきいる」のイ音便からなった言葉
たり。完了の助動詞・終止形



面つきいとらうたげにて、眉のわたりうちけぶり、いはけなくかいやりたる額つき、髪ざし、いみじううつくし。

面つき
いと副詞
らうたげに形容動詞・ナリ活用・連用形
て、接続助詞
格助詞
わたり
うちけぶり、ラ行四段活用・連用形
いはけなく形容詞・ク活用・連用形
かいやりラ行四段活用・連用形。「かいやる」は「かきやる」のイ音便からなった言葉
たる完了の助動詞・連体形
額つき、
髪ざし、
いみじう形容詞・シク活用・連用形のウ音便
うつくし。形容詞・シク活用・終止形



ねびゆかむさまゆかしき人かなと、目とまり給ふ。

ねびゆかカ行四段活用・未然形
婉曲の助動詞・連体形
さま
ゆかしき形容詞・シク活用・連体形
かな終助詞
と、格助詞
とまりラ行四段活用・連用形
給ふ。尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・終止形



さるは、限りなう心を尽くし聞こゆる人に、いとよう似奉れるが、まもらるるなりけりと思ふにも、涙ぞ落つる。

さるは、接続詞
限りなう形容詞・ク活用・連用形のウ音便
格助詞
尽くしサ行四段活用・連用形
聞こゆる謙譲の補助動詞・ヤ行下二段活用・連体形
に、格助詞
いと副詞
よう形容詞・ク活用・連用形のウ音便
ナ行上一段活用・連用形
奉れ謙譲の補助動詞・ラ行四段活用・已然形
存続の助動詞・連体形
が、格助詞
まもらラ行四段活用・未然形
るる自発の助動詞・連体形
なり断定の助動詞・連用形
けり詠嘆の助動詞・終止形
格助詞
思ふハ行四段活用・連体形
格助詞
も、係助詞
係助詞
落つる。タ行上二段活用・連体形

 
※つづき:「尼君、髪をかきなでつつ〜」の品詞分解

※現代語訳:尼君、「いで、あな幼や〜」の現代語訳と解説

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。