manapedia
更新日時:
古今著聞集『能は歌詠み』の品詞分解(助動詞など)
著作名: 走るメロス
79,882 views
古今著聞集『能は歌詠み』

このテキストでは、古今著聞集の一節『能は歌詠み』(花園の左大臣の家に、初めて参りたりける侍の〜)の品詞分解を記しています。



※現代語訳:古今著聞集『能は歌詠み』の現代語訳と解説

※古今著聞集は、鎌倉時代に橘成季によって編纂された世俗説話集です。

品詞分解

※名詞は省略しています。


花園の左大臣の家に、初めて参りたりける侍の、名簿のはしがきに、「能は歌詠み。」と書きたりけり。

花園
格助詞
左大臣
格助詞
に、格助詞
初めて副詞
参りラ行四段活用・連用形
たり完了の助動詞・連用形
ける過去の助動詞・連体形
の、格助詞
名簿
格助詞
はしがき
に、格助詞
「能
係助詞
歌詠み」
格助詞
書きカ行四段活用・連用形
たり完了の助動詞・連用形
けり。過去の助動詞・終止形



大臣、秋のはじめに、南殿に出でて、はたおりの鳴くを愛しておはしましけるに、暮れければ、「下格子に、人参れ。」と仰せられけるに、

大臣、
格助詞
はじめ
に、かく思う
南殿
格助詞
出でダ行下二段活用・連用形
て、接続助詞
はたおり
格助詞
鳴くカ行四段活用・連体形
格助詞
愛しサ行変格活用・連用形
接続助詞
おはしまし補助動詞・サ行四段活用・連用形
ける過去の助動詞・連体形
に、格助詞
暮れラ行下二段活用・連用形
けれ過去の助動詞・已然形
ば、接続助詞
「下格子
に、格助詞
参れ。」ラ行四段活用・命令形
格助詞
仰せサ行下二段活用・未然形
られ尊敬の助動詞・連用形
ける過去の助動詞・連体形
に、接続助詞



「蔵人の五位たがひて、人も候はぬ。」と申して、この侍参りたるに、「ただ、さらば、汝下ろせ。」と仰せられければ、参りたるに、

「蔵人
格助詞
五位
たがひハ行四段活用・連用形
て、接続助詞
係助詞
候はハ行四段活用・未然形
ぬ。」打消の助動詞・連体形
格助詞
申しサ行四段活用・連用形
て、接続助詞
代名詞
格助詞
参りラ行四段活用・連用形
たる完了の助動詞・連体詞
に、接続助詞



「汝は歌詠みな。」とありければ、かしこまりて御格子下ろしさして候ふに、「このはたおりをば聞くや。一首仕うまつれ。」と仰せられければ、

「ただ、副詞
さらば、接続詞
下ろせ。」サ行四段活用・命令形
格助詞
仰せサ行下二段活用・未然形
られ尊敬の助動詞・連用形
けれ過去の助動詞・已然形
ば、接続助詞
参りラ行四段活用・連用形
たる完了の助動詞・連体形
に、接続助詞
「汝
係助詞
歌詠み
な。」終助詞
格助詞
ありラ行変格活用・連用形
けれ過去の助動詞・已然形
ば、接続助詞
かしこまりラ行四段活用・連用形
接続助詞
御格子
下ろしさしサ行四段活用・連用形
接続助詞
候ふハ行四段活用・連体形
に、接続助詞
「こ代名詞
格助詞
はたおり
をば格助詞「を」と係助詞「は」の連語
聞くカ行四段活用・終助詞
や。係助詞
一首
仕うまつれ。」ラ行四段活用「つかうまつる」の命令形
格助詞
仰せサ行下二段活用・未然形
られ尊敬の助動詞・連用形
けれ過去の助動詞・已然形
ば、接続助詞


【宝くじの当選確率を考えてみよう!】


1ページ
前ページ
1/3
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。