新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

奥の細道『那須野』わかりやすい現代語訳と解説(おくのほそ道)

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
おくの細道『那須野』現代語訳をわかりやすく解説

このテキストでは、松尾芭蕉が書いた奥の細道の一節「那須野」(那須の黒羽と云所に知人あれば〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。



奥の細道とは

「月日は百代の過客にして、行き交ふ年もまた旅人なり。」で始まる一節で広く知られている奥の細道は、松尾芭蕉によって書かれました。江戸を出発し、東北地方、北陸地方を巡り岐阜の大垣までの道中の出来事を記した紀行文です。


原文

那須の黒羽と云所に知人あれば、是より野越にかかりて、直道をゆかんとす。遥に一村を見かけて行くに、雨暮るる。農夫の家に一夜をかりて、明ればまた野中を行く。そこに野飼いの馬あり。草刈る(※1)をのこになげきよれば、野夫といへどもさすがにしらぬには非ず。

「いかがすべきや。されどもこの野は縦横にわかれて、うひうひしき旅人の道ふみたがえん、あやしう侍れば、此馬のとどまる所にて馬を返し給へ。」


と、かしはべりぬ。ちひさき者ふたり、馬の跡したひて走る。ひとりは小姫にて、名をかさねといふ。聞きなれぬ名のやさしかりければ、

かさねとは八重撫子の名なるべし 

(※2)曽良


やがて人里に至れば、あたひ(※3)鞍つぼに結びつけて馬を返しぬ。





現代語訳

那須の黒羽というところに知人がいるので、ここ(日光)から那須野を越えて、近道を行こうとする。遠くのひとつの村を目にかけて行くと、雨が降り日も暮れてしまった。農夫の家で一晩(の宿を)かりて、(夜が)明ければまた野原の中を進む。(すると)そこに放し飼いをしてある馬がいる。(近くで)草を買っていた男性に、(馬を貸してください)と頼み込んでみると、農夫とはいってもさすがに情けの心を知らないわけではない。

「どうしたものでしょうか。(この土地に)慣れていない旅人が道を間違えるようなことも、心配ですので、(この馬に乗って行き)馬が止まったところで馬をお返しください。」


と(馬を)貸してくださる。幼い者(子ども)が二人、馬のあとを追いかけて走る。一人は小さい女の子で、名前を"かさね"という。聞きなれない名前が優美に聞こえたので

「"かさね"というのは(花で言うならば)八重撫子の名といったところであろう」 曽良


まもなく人里についたので、(お礼の)代金を(馬の)鞍壺に結び付けて馬を返した。

品詞分解

奥の細道『那須野』の品詞分解

単語・文法解説

(※1)をのこここでは「男性」と訳す
(※2)曽良そら。芭蕉の弟子で、奥の細道の旅の供
(※3)鞍壺馬の鞍の一部。人がまたがって腰を下ろす部分




関連テキスト

・奥の細道『旅立ち・序文・漂泊の思ひ

・奥の細道『草加

・奥の細道『那須野

・奥の細道『白河の関

・奥の細道『平泉

・奥の細道『立石寺

・奥の細道『最上川

・奥の細道『大垣

著者情報:走るメロスはこんな人

学生時代より古典の魅力に取り憑かれ、社会人になった今でも休日には古典を読み漁ける古典好き。特に1000年以上前の文化や風俗をうかがい知ることができる平安時代文学がお気に入り。作成したテキストの総ページビュー数は1,6億回を超える。好きなフレーズは「頃は二月(にうゎんがつ)」や「月日は百代の過客(くゎかく)にして」といった癖のあるやつ。早稲田大学卒業。
Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 高等学校 古典 古文編』 三省堂
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 40,501 pt 
 役に立った数 36 pt 
 う〜ん数 8 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。