新規登録 ログイン
検索条件
タグ 松尾芭蕉

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
『平泉』 このテキストでは、松尾芭蕉が書いた奥の細道の中の「平泉」(三代の栄耀一睡のうちにして〜)の現代語訳・口語訳、そしてその解説をしています。 [ad 001] ※「月日は百代の過客にして、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
奥の細道 旅立ち  このテキストでは「奥の細道」の冒頭「月日は百代の過客にして、行き交ふ年もまた旅人なり」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説、そして品詞分解を記しています。  タイトルが... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平泉 奥の細道『平泉』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。 問題 次の文章を読み、問いに答えよ 三代の栄耀一睡の中にして、 大門の跡は一里こなたにあり。秀衡が跡は田野になりて... (全て読む)
9_80
Text_level_1
奥の細道『立石寺』 このテキストでは、松尾芭蕉の書いた奥の細道の中の「立石寺」の章について解説しています。 タイトルにもなっている立石寺は、山形県にあるお寺です。松尾芭蕉は江戸を出発し、現在の栃... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、江戸時代に松尾芭蕉が東北・北陸を旅したときに記した紀行文『奥の細道』の中の「漂白の思い(漂泊の思ひ)」を現代語訳しています。「旅立ち」や「旅こそ栖」というタイトルで書かれてい... (全て読む)
9_80
Text_level_1
奥の細道 冒頭 ここでは「奥の細道」の冒頭「月日は百代の過客にして、行き交ふ年もまた旅人なり」から始まる部分の品詞分解を行っています。 タイトルが書籍によって様々で、「おくのほそ道」や「冒頭」、... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、松尾芭蕉の書いた奥の細道の冒頭部分についてみていきます。 【原文】 月日は百代の過客にして、行き交ふ年もまた旅人なり。船の上に生涯を浮かべ、馬の口とらへて老いを迎ふる... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平泉 このテキストでは、松尾芭蕉が書いた奥の細道の中の「平泉」(三代の栄耀一睡のうちにして〜)の品詞分解を行っています。 ※現代語訳: 奥の細道『平泉』わかりやすい現代語訳と解説 品詞分解 ※名... (全て読む)
9_80
Text_level_1
奥の細道『大垣』 このテキストでは、松尾芭蕉の書いた奥の細道の中の「大垣」(露通もこの港まで出で迎ひて〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 おくのほそ道では、松尾芭蕉が江戸を出発して... (全て読む)
4_80
Text_level_1
元禄文化に出てきた作品 江戸時代前半の文化のことを元禄文化と言います。 庶民を中心とした、活気にあふれた文化です。この時期に台頭した作品をまとめて紹介しましょう。 |名前|主な作品名|ジャンル|... (全て読む)

1

2

3

4