manapedia
更新日時:
竹取物語『かぐや姫の昇天』(竹取、心惑ひて~)の現代語訳
著作名: 走るメロス
124,901 views
竹取物語『かぐや姫の昇天』

このテキストでは、竹取物語『かぐや姫の昇天』の「竹取、心惑ひて泣き伏せる~」から始まる部分の現代語訳・口語訳を記しています。書籍によっては「天の羽衣」と題するものもあるようです。



※前回のテキスト:「立てる人どもは~」の現代語訳

※竹取物語は、平安時代初期に成立したとされる物語です。正確な成立年や作者は未詳です。
原文

竹取、心惑ひて泣き伏せるところに寄りて、かぐや姫言ふ、
「ここにも心にもあらでかくまかるに、昇らむをだに見送り給へ。」

と言へども、
なにしに悲しきに見送り奉らむ。我をいかにせよとて捨てては昇り給ふぞ。具しおはせね。」

と泣きて伏せれば、心惑ひぬ。



「文を書き置きてまからむ。恋しからむ折々、取り出で給へ。」

とて、うち泣きて書く言葉は、
「この国に生まれぬるとならば、嘆かせ奉らぬほどまで侍らむ。過ぎ別れぬること、かへすがへす本意なくこそおぼえ侍れ。脱ぎおく衣を形見と見給へ。月の出でたらむ夜は、見おこせ給へ。見捨て奉りてまかる空よりも、落ちぬべき心地する。」

と書き置く。

※つづき:「天人の中に持たせたる箱~」の現代語訳

現代語訳(口語訳)

竹取(の翁)が心を乱して泣き伏せっているところに近寄って、かぐや姫が言うことには、


「自分も心になくこのようにおいとまするのですから、せめて(天界に)昇るのだけでもお見送りください。」

と言うのですが、
「どうして、悲しいときにお見送り申し上げましょうか(いやできません)。私をどうしろというつもりで、見捨ててお昇りになるのですか。(私も)一緒に連れておいでになってください。」

と泣き伏せたので、(かぐや姫の)お心も乱れてしまいました。


「手紙を書き残しておいとましましょう。恋しく思われるようなときに、取り出して御覧下さい。」

と言って、(かぐや姫は)泣きながら書く言葉は、
「この国に生まれたのならば、(あなた方を)悲嘆させ申し上げない頃まで(お側に)おります。去り別れてしまうことは、重ね重ね残念に思われます。脱ぎ置く着物を(私の)形見として御覧ください。月が出ているような夜は、(私のいる月を)御覧ください。(お二人を)お見捨て申し上げ参ります、空からも落ちてしまいそうな気持ちがします。」



と書き残しました。

※つづき:「天人の中に持たせたる箱~」の現代語訳

品詞分解

※品詞分解:「竹取心惑ひて泣き伏せる~」の品詞分解

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。