manapedia
枕草子『九月ばかり』の現代語訳
著作名: 走るメロス
65,231 views
枕草子『九月ばかり』

ここでは、枕草子の中の『九月ばかり』(九月ばかり、夜一夜降り明かしつる雨の〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。

原文(本文)

(※1)九月ばかり、夜一夜降り明かしつる雨の、今朝はやみて、朝日いと(※2)けざやかにさし出でたるに、(※3)前栽の露は、こぼるばかり濡れかかりたるも、いとをかし(※4)透垣(※5)羅文、軒のうへなどは、(※6)かいたる蜘蛛の巣の、こぼれ残りたるに、雨のかかりたるが、白き玉をつらぬきたるやうなるこそ、(※7)いみじうあはれにをかしけれ。


少し日たけぬれば、萩などの、いと(※8)重げなるに、露の落つるに枝のうち(※9)動きて、人も手ふれぬに、ふとうへざまへあがりたるも、いみじうをかしと言ひたることどもの、人の心には、(※10)つゆをかしからじと思ふこそ、またをかしけれ。

現代語訳(口語訳)

九月ごろ、一晩中明け方まで降り続いた雨が、今朝はやんで、朝日がとても際立って差し始めたときに、庭に植えた草木の露が、こぼれ落ちるほど濡れかかっているのも、とても趣があります。透垣の羅文や軒の上などに、かけた蜘蛛の巣で、破れ残っているものに、雨のかかっているのが、白い玉を(蜘蛛の糸で)貫いているようであるのが、とても風情があって趣深いです。

少し日が高くなると、萩などで、(露がたくさんついて)とても重たそうであるものに、露が落ちると枝がすこし揺れ動いて、人が手を触れないのに、急に上の方へ跳ね上がったのも、とても趣がありますと(私が)言ったことなどが、他の人の心には、少しも趣深くないのだろうと思うことが、また面白いのです。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。