新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

紫式部日記「女郎花」(渡殿の戸口の局に見出だせば〜)のわかりやすい現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
紫式部日記「女郎花」

このテキストでは、紫式部日記「女郎花」(渡殿の戸口の局に見出だせば〜)の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。

「女郎花」は秋の七草のひとつで「おみなえし」と読みます。

原文・本文

(※1)渡殿の戸口の(※2)局見出だせば、ほのうち霧りたる朝の露もまだ落ちぬに、殿、歩かせ給ひて、御随身召して、(※3)遣り水はらはせ給ふ。橋の南なる女郎花のいみじう盛りなるを、一枝折らせ給ひて、几帳の上よりさしのぞかせ給へる御さまの、いと恥づかしげなるに、わが(※4)朝顔思ひ知らるれば、
「これ、遅くては悪からむ。」

のたまはする(※5)ことつけて、硯のもとに寄りぬ。

女郎花盛りの色を見るからに露のわきける身こそ知らるれ

歌の解説

「あな(※6)。」

とほほ笑みて、硯召し出づ

白露はわきてもおかじ女郎花心からにや色の染むらむ

歌の解説

しめやかなる夕暮れに、宰相の君と二人物語してたるに、殿の三位の君、簾のつま引き上げて居給ふ。年のほどよりはいとおとなしく心にくきさまして、
「人はなほ、心ばへこそ難きもの(※7)なめれ。」

など、世の物語しめじめとしておはするけはひ、幼しと人の侮り聞こゆるこそ悪しけれと、恥づかしげに見ゆうちとけぬほどにて、
(※8)多かる野辺に。」

とうち誦じて立ち給ひにしさまこそ、物語にほめたる男の心地し侍りしか。

かばかりなることの、うち思ひ出でらるるもあり、そのをかしきことの、過ぎぬれば忘るるもあるは、いかなるぞ。

現代語訳・口語訳

渡殿の戸口にある女房の部屋で外を眺めると、うっすらと霧がかかっている朝の露もまだ落ちない頃に、殿(藤原道長)が、(庭を)歩きまわりなさって、随身をお呼びになって、遣り水(に落ちた葉など)を取り除かせなさいます。(遣り水にかけられた)橋の南にある女郎花でたいそう真っ盛りであるのを、一枝お折りになって、几帳の上からちょっと顔をお出しなさるご様子が、たいそうご立派でいらっしゃるので、私の朝寝起きの顔(のだらしなさ)を身にしみて感じるのですが、
「これ(女郎花の歌を詠むこと)、遅くなってはよくないだろう」

と(殿が)おっしゃるのにかこつけて、硯のもとに近づいたのです。
(朝露がついて美しく染まった)女郎花の盛りの色を見たばかりに、露が区別して(つかずに美しく染めてくれない)私の身のことが思い知られます。

歌の解説

「ああ、(和歌を詠むのが)早い。」

と微笑んで、硯をお取り寄せになります。
白露が(あなたと女郎花を)分け隔てて降りるわけではないでしょう。女郎花は(美しくあろうとするその)心によって(美しい)色に染まるのではないでしょうか。(だから、あなたもその心次第ではないですか。)

歌の解説

しんみりとした夕暮れに、宰相の君と二人で話をして座っていると、殿の(道長の長男の)三位の君が、簾の端を引き上げてお座りになります。年のわりにはとても大人びており、奥ゆかしい様子をして、
「人(の心)はやはり、気立てというのが難しいもののようです。」

など、(男女の間の)世間話をしんみりとしていらっしゃる様子は、(まだ)幼いと人が軽視し申し上げるのは不適当だと、(こちらが気後れするほど)立派に思われます。くつろぎ過ぎないぐらいのところで、
(※8)多かる野辺に。」

と口ずさんでお立ちになられた様子は、(まるで)物語で褒めている男性のような気がしました。

この程度のことで、思い出されることもあり、その時は趣深いと思ったことで(も)、時が経つと忘れることもあるのは、どういうことなのでしょうか。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
『教科書 精選古典B 古文編 Ⅱ部』東京書籍

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 185 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。