新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

伊勢物語『つひにゆく道』(昔、男わづらひて、心地死ぬべく〜)の現代語訳・口語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
伊勢物語『つひにゆく道』の原文・現代語訳と解説

このテキストでは、伊勢物語の125段『つひにゆく道』(昔、男わづらひて、心地死ぬべくおぼえければ〜)の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。



伊勢物語とは

伊勢物語は平安時代初期に書かれた歌物語です。作者は未詳ですが、在原業平がモデルではないかと言われています。


原文(本文)

昔、男わづらひて、心地死ぬべくおぼえければ、

(※1)つひにゆく道とは(※2)かねて聞きしかど(※3)昨日今日とは思はざりしを

この歌の解説





現代語訳(口語訳)

昔、ある男が病気になって、気分がすぐれず(今にも)死にそう(な気分)になったので(次の歌を詠みました。)

(誰しもが)最後に通る道とは以前から聞いていましたが、(まさか自分にとってのそれが)昨日今日(に差し迫ったもの)だとは思いもしませんでしたよ

この歌の解説



品詞分解

※品詞分解:伊勢物語『つひにゆく道』の品詞分解


単語解説

(※1)つひに最終的に、最後に
(※2)かねて以前から
(※3)昨日今日とは「死」が間近にせまっているとは





関連テキスト

・伊勢物語『初冠

・伊勢物語『東下り

・伊勢物語『芥川・白玉か

・伊勢物語『筒井筒

・伊勢物語『あづさ弓(梓弓)

・伊勢物語『すける物思ひ

・伊勢物語『渚の院

・伊勢物語『小野の雪

・伊勢物語『さらぬ別れ

・伊勢物語『月やあらぬ

・伊勢物語『通ひ路の関守

・伊勢物語『ゆく蛍

・伊勢物語『狩りの使ひ

・伊勢物語『つひにゆく道

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
『教科書 新国語総合 古文編』 教育出版
『教科書 精選古典B 』三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 52,441 pt 
 役に立った数 57 pt 
 う〜ん数 11 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。