新規登録 ログイン

9_80 文法 / 文法

伊勢物語『筒井筒』(昔、田舎わたらひしける人の〜)の品詞分解(助動詞・動詞など)

著者名: 走るメロス
Text_level_1
伊勢物語『筒井筒・前編』の品詞分解

このテキストでは、伊勢物語の23段「筒井筒」の「昔、田舎わたらひしける人の〜」から始まる部分の品詞分解を記しています。3回にわけて解説していますが、このテキストはその1回目です。




現代語訳

「昔、田舎わたらひしける人の〜」わかりやすい現代語訳


伊勢物語とは

伊勢物語は平安時代初期に書かれた歌物語です。作者は未詳ですが、在原業平がモデルではないかと言われています。


品詞分解

※名詞は省略しています。



昔、田舎わたらひしける人の子ども、井のもとにいでて遊びけるを、おとなになりにければ、男も女も恥ぢかはしてありけれど、男はこの女をこそ得めと思ふ。

昔、
田舎わたらひ
サ行変格活用「す」の連用形
ける過去の助動詞「けり」の連体形
格助詞
子ども、
格助詞
もと
格助詞
いでダ行下二段活用「いづ」の連用形
接続助詞
遊びバ行四段活用「あそぶ」の連用形
ける過去の助動詞「けり」の連体形
を、接続助詞
おとな
格助詞
なりラ行四段活用「なる」の連用形
完了の助動詞「ぬ」の連用形
けれ過去の助動詞「けり」の已然形
ば、接続助詞
係助詞
係助詞
恥ぢかはしサ行四段活用「はぢかはす」の連用形
接続助詞
ありラ行変格活用「あり」の連用形
けれ過去の助動詞「けり」の已然形
ど、接続助詞
係助詞
代名詞
格助詞
格助詞
こそ係助詞
ア行下二段活用「う」の未然形
意志の助動詞「む」の已然形
格助詞
思ふ。ハ行四段活用「おもふ」の終止形






女はこの男をと思ひつつ、親のあはすれども、聞かでなむありける。さて、この隣の男のもとより、かくなむ、

格助詞
代名詞
格助詞
格助詞
格助詞
思ひハ行四段活用「おもふ」の連用形
つつ、接続助詞
格助詞
あはすれサ行下二段活用「あはす」の已然形
ども、接続助詞
聞かカ行四段活用「きく」の未然形
接続助詞
なむ係助詞
ありラ行変格活用「あり」の連用形
ける。過去の助動詞「けり」の連体形
さて、接続詞
代名詞
格助詞
格助詞
格助詞
もと
より、格助詞
かく副詞
なむ、係助詞


【「あはす」の意味は?】


「筒井つの井筒にかけしまろがたけ過ぎにけらしな妹見ざるまに」女、返し、「くらべこし振り分け髪も肩過ぎぬ君ならずしてたれかあぐべき」など言ひ言ひて、つひに本意のごとくあひにけり。


「筒井
未詳
格助詞
井筒
格助詞
かけカ行下二段活用「かく」の連用形
過去の助動詞「き」の連体形
まろ代名詞
格助詞
たけ
過ぎガ行上二段活用「すぐ」の連用形
完了の助動詞「ぬ」の連用形
けらし過去推量の助動詞「けらし」の終止形
詠嘆の終助詞
マ行上一段活用「見る」の未然形
ざる打消の助動詞「ず」の連体形
に」格助詞
女、
返し、名詞
「くらべバ行下二段活用「くらぶ」の連用形
カ行変格活用「く」の未然形
過去の助動詞「き」の連体形
振り分け髪
係助詞
過ぎガ行上二段活用「すぐ」の連用形
完了の助動詞「ぬ」の終止形
代名詞
なら断定の助動詞「なり」の未然形
打消の助動詞「ず」の連用形
して接続助詞
たれ代名詞
係助詞
あぐガ行下二段活用「あぐ」の終止形
べき」推量・意志・当然の助動詞・連体形
など副助詞
言ひハ行四段活用「いふ」の連用形
言ひハ行四段活用「いふ」の連用形
て、接続助詞
つひに副詞
本意
格助詞
ごとく比況の助動詞「ごとし」の連用形
あひハ行四段活用「あふ」の連用形
完了の助動詞「ぬ」の連用形
けり。過去の助動詞「けり」の終止形



※つづく:「さて、年ごろ経るほどに〜」の品詞分解


※現代語訳:「昔、田舎わたらひしける人の〜」わかりやすい現代語訳


関連テキスト

・伊勢物語『初冠

・伊勢物語『東下り

・伊勢物語『芥川・白玉か

・伊勢物語『あづさ弓(梓弓)

・伊勢物語『すける物思ひ

・伊勢物語『渚の院

・伊勢物語『小野の雪

・伊勢物語『さらぬ別れ

・伊勢物語『月やあらぬ

・伊勢物語『通ひ路の関守

・伊勢物語『ゆく蛍

・伊勢物語『おのが世々

・伊勢物語『狩りの使ひ

・伊勢物語『つひにゆく道


著者情報:走るメロスはこんな人

学生時代より古典の魅力に取り憑かれ、社会人になった今でも休日には古典を読み漁ける古典好き。特に1000年以上前の文化や風俗をうかがい知ることができる平安時代文学がお気に入り。作成したテキストの総ページビュー数は1,6億回を超える。好きなフレーズは「頃は二月(にうゎんがつ)」や「月日は百代の過客(くゎかく)にして」といった癖のあるやつ。早稲田大学卒業。
Tunagari_title
・伊勢物語『筒井筒』(昔、田舎わたらひしける人の〜)の品詞分解(助動詞・動詞など)

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
『教科書 新編国語総合』 東京書籍
『教科書 精選国語総合』 東京書籍
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 国語総合』 桐原書店
教科書 高等学校国語 国語総合』 東京書籍

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 366,363 pt 
 役に立った数 768 pt 
 う〜ん数 113 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!