新規登録 ログイン
検索条件
科目カテゴリ 文法
タグ

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
係り結び ここでは 係り結びについて説明します。 係り結びとは、ある特定の言葉(Aとします)が別の特定の言葉の前後についたときに、Aの活用形が変化するという文法の法則のことです。係り結びを起こす... (全て読む)
9_80
Text_level_1
古文に出てくる品詞~形容詞~ 前回は動詞について勉強をしましたね。 今回は形容詞について説明をします。 形容詞 形容詞とは、現代語と同じように事や者の状態・性質・人の感情を表す言葉で、 終止形が... (全て読む)
9_80
Text_level_1
古文に出てくる品詞~形容動詞~ 前回は形容詞について勉強をしました。 今回は形容動詞について説明しましょう。 形容動詞 形容動詞とは、現代語と同じように事や物の状態・性質・人の感情を表す言葉です... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『東下り(三河国編)』 このテキストでは、伊勢物語「東下り(三河国編)」(昔、男ありけり〜)の品詞分解をしています。 [ad 001] ※現代語訳: 「昔、男ありけり〜」の現代語訳と解説... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『門出・馬のはなむけ』 このテキストでは、紀貫之が著した土佐日記の中の「門出」の「男もすなる日記といふものを〜」から始まる部分の品詞分解を記しています。書籍によっては「馬のはなむけ」と題するもの... (全て読む)
9_80
Text_level_1
芥川(白玉か) このテキストでは、伊勢物語の中の『芥川』(昔、男ありけり。女の、え得まじかりけるを〜)の品詞分解を行っています。書籍によっては「白玉か」と題するものもあるようです。 [ad 00... (全て読む)
9_80
Text_level_1
大江山の歌 このテキストでは、十訓抄の一節『大江山の歌』の品詞分解を記しています。 [ad 001] 書籍によっては『小式部内侍が大江山の歌の事』や『大江山』と題されているものもあるようです。同... (全て読む)
9_80
Text_level_1
中納言参りたまひて このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の一節「中納言参りたまひて」の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※清少納言は平安時代中期の作家・歌人です。一条天皇の皇后であ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『光源氏の誕生・光る君誕生』 このテキストでは、源氏物語の桐壷の章『光源氏の誕生』(いづれの御時にか〜)の品詞分解をしています。書籍によっては『光る君誕生』などと題するものもあるようです... (全て読む)
9_80
Text_level_1
古文に出てくる品詞~動詞編~ 古文にも現代文の同じように、動詞や形容詞といった品詞が登場してきます。 普段日本語を話すときにで、動詞だの形容詞だのと意識しながら話をする方はほとんどいないと思いま... (全て読む)

1

2

3

4

四段活用、上一段活用、下一段活用、上二段活用、下二段活用、、カ行変格活用、サ行変格活用、ナ行変格活用、ラ行変格活用、ク活用、シク活用、ナリ活用、タリ活用、助詞、助動詞、係り結びの法則など、古典文学で学習する文法等に関するテキストを集めたカテゴリです。