新規登録 ログイン

9_80 文法 / 文法

伊勢物語『東下り・三河国編』(昔、男ありけり〜)の品詞分解

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
伊勢物語『東下り(三河国編)』

このテキストでは、伊勢物語「東下り(三河国編)」(昔、男ありけり〜)の品詞分解をしています。



※現代語訳:「昔、男ありけり〜」の現代語訳と解説」

※伊勢物語は平安時代初期に書かれた歌物語です。作者は未詳ですが、在原業平がモデルではないかと言われています。
品詞分解

※名詞は省略しています。



昔、男ありけり。その男、身をえうなきものに思ひなして、京にはあらじ、東の方に住むべき国求めにとて行きけり。

昔、
ありラ行変格活用・連用形
けり。過去の助動詞・終止形
代名詞
格助詞
男、
格助詞
えうなき形容詞・ク活用・連体形
もの
格助詞
思ひなしサ行四段活用・連用形
て、接続助詞
「京
格助詞
係助詞
あらラ行変格活用・未然形
じ、打消意志の助動詞・終止形
格助詞
格助詞
住むマ行四段活用・終止形
べき適当の助動詞・連体形
求めマ行下二段活用・連用形
に。」格助詞
とて連語:格助詞「と」+接続助詞「て」
行きカ行四段活用・連用形
けり。過去の助動詞・終止形




もとより友とする人、ひとりふたりして、行きけり。道知れる人もなくて惑ひ行きけり。

もとより副詞
格助詞
するサ行変格活用・連体形
人、
ひとりふたり
して、格助詞
いきカ行四段活用・連用形
けり。過去の助動詞・終止形


三河の国、八橋といふ所にいたりぬ。そこを八橋といひけるは、水ゆく河の蜘蛛手なれば、橋を八つ渡せるによりてなむ、八橋といひける。

知れラ行四段活用・已然形または命令形
存続の助動詞・連体形
係助詞
なく形容詞・ク活用・連用形
接続助詞
惑ひ行きカ行四段活用・連用形
けり。過去の助動詞・終止形
三河の国、
八橋
格助詞
いふハ行四段活用・連体形
格助詞
いたりラ行四段活用・連用形
ぬ。完了の助動詞・終止形
そこ代名詞
格助詞
八橋
格助詞
いひハ行四段活用・連用形
ける過去の助動詞・連体形
は、係助詞
ゆくカ行四段活用・連体形
格助詞
蜘蛛手
なれ断定の助動詞・已然形
ば、接続助詞
格助詞
八つ
渡せサ行四段活用・已然形または命令形
存続の助動詞・連体形
格助詞
よりラ行四段活用・連用形
接続助詞
なむ、係助詞
八橋
格助詞
いひハ行四段活用・連用形
ける。過去の助動詞・連体形



その沢のほとりの木の陰に下り居て、餉(かれいひ)食ひけり。

代名詞
格助詞
格助詞
ほとり
格助詞
格助詞
格助詞
下り居ワ行上一段活用・連用形
て、接続助詞
かれいひ
食ひハ行四段活用・連用形
けり。過去の助動詞・終止形


1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・伊勢物語『東下り・三河国編』(昔、男ありけり〜)の品詞分解

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
『教科書 国語総合』 桐原書店
『教科書 高等学校 国語総合 古典編』 東京書籍
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 382,159 pt 
 役に立った数 900 pt 
 う〜ん数 104 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!