manapedia
更新日時:
徒然草『亀山殿の御池に』わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
148,209 views
『亀山殿の御池に』

このテキストでは、徒然草の一節「亀山殿の御池に」(亀山殿の御池に、大井川の水をまかせられむとて〜)の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。




徒然草とは

徒然草兼好法師によって書かれたとされる随筆です。清少納言の『枕草子』、鴨長明の『方丈記』と並んで「古典日本三大随筆」と言われています。


原文(本文)

(※1)亀山殿の御池に、大井川の水をまかせられむとて、大井の土民に仰せて、水車を造らせられけり。多くの銭を賜ひて、数日に営み出だして、掛けたりけるに、おほかた廻(めぐ)らざりければ、とかく直しけれども、つひに廻(まは)らで、いたづらに立てりけり。



さて、宇治の里人を召して、こしらへさせられければ、やすらかに結ひ参らせたりけるが、思ふやうに廻りて、水を汲み入るゝ事めでたかりけり。



万(よろづ)に、その道を知れる者は、やんごとなきものなり。


現代語訳(口語訳)

(後嵯峨天皇が、)亀山殿のお池に、大井川の水を引き入れなさろうとして、大井の住民に命じて、水車をお造らせになった。多くの金銭をお与えになって、数日かけてこしらえあげて、(水車を川に)かけたところ、まったくまわらなかったので、あれこれと直してみたけれど、最後までまわることはなく、(水車は)むだに立っているだけであった。



そこで、(水車で有名な)宇治の里の人をお呼びになって、(水車を)造らせなさったところ、(彼らは)たやすく(水車を)組み立てて献上したのだが、(その水車は)思うように回り、(亀山殿に)水を汲み入れることが見事であった。

すべてのことに(言えるが)、その道を理解している人は、尊いものだ。



品詞分解

徒然草『亀山殿の御池に』の品詞分解(動詞・助動詞など)

単語

(※1)亀山殿後嵯峨天皇が営んだ離宮。人の名前ではない。



関連テキスト

・徒然草『花は盛りに

・徒然草『あだし野の露消ゆるときなく

・徒然草『ある人、弓射ることを習ふに

・徒然草『九月二十日のころ

・徒然草『家居のつきづきしく

・徒然草『猫また

・徒然草『仁和寺にある法師

・徒然草『これも仁和寺にある法師

・徒然草『神無月のころ

・徒然草『名を聞くより

・徒然草『亀山殿の御池に

・徒然草『高名の木登り

・徒然草『をりふしの移り変わるこそ

・徒然草『久しく隔たりて会ひたる人の

・徒然草『今日はそのことをなさんと思へど

・徒然草『筑紫に、なにがしの押領使

・徒然草『丹波に出雲といふ所あり

・徒然草『五月五日、賀茂の競べ馬を


著者情報:走るメロスはこんな人

学生時代より古典の魅力に取り憑かれ、社会人になった今でも休日には古典を読み漁ける古典好き。特に1000年以上前の文化や風俗をうかがい知ることができる平安時代文学がお気に入り。作成したテキストの総ページビュー数は1,6億回を超える。好きなフレーズは「頃は二月(にうゎんがつ)」や「月日は百代の過客(くゎかく)にして」といった癖のあるやつ。早稲田大学卒業。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。