新規登録 ログイン

9_80 文法 / 文法

伊勢物語『東下り・三河国編』(昔、男ありけり〜)の品詞分解

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加

その沢に、かきつばたいとおもしろく咲きたり。それを見て、ある人のいはく、「かきつばたといふ五文字を、句の上に据ゑて、旅の心を詠め」といひければよめる。


代名詞
格助詞
に、格助詞
かきつばた
いと副詞
おもしろく形容詞・ク活用・連用形
咲きカ行四段活用・連用形
たり。存続の助動詞・終止形
それ代名詞
格助詞
マ行上一段活用・連用形
て、接続助詞
ある連体詞
格助詞
いはく、ハ行四段活用・未然形+接尾語「く」
「かきつばた
格助詞
いふハ行四段活用・連体形
五文字
を、格助詞
格助詞
格助詞
据ゑワ行下二段活用・連用形
て、接続助詞
格助詞
格助詞
よめ。」マ行四段活用・命令形
格助詞
いひハ行四段活用・連用形
けれ過去の助動詞・已然形
接続助詞
よめマ行四段活用・已然形または命令形
る。完了の助動詞・連体形



「から衣着つつなれにしつましあればはるばるきぬる旅をしぞ思ふ」と詠めりければ、みな人、餉の上に涙落として、ほとびにけり。

唐衣枕詞
カ行上一段活用「きる」の連用形
つつ接続助詞
なれラ行下二段活用「なる」連用形
完了の助動詞「ぬ」の連用形
過去の助動詞「き」の連体形
つま
強調の副助詞
あれラ行変格活用「あり」の已然形
順接確定条件の接続助詞
はるばる副詞
カ行変格活用「く」の連用形
ぬる完了の助動詞「ぬ」の連体形
格助詞
強調の副助詞
強調の係助詞
思ふハ行四段活用「おもふ」の連体形
格助詞
よめマ行四段活用・已然形または命令形
完了の助動詞・連用形
けれ過去の助動詞・已然形
ば、接続助詞
みな人、
かひれい
格助詞
格助詞
落としサ行四段活用・連用形
て、接続助詞
ほとびバ行上二段活用・連用形
完了の助動詞・連用形
けり。過去の助動詞・終止形


【「ほとぶ」の意味は?】

※つづく:「行き行きて、駿河の国にいたりぬ〜」の品詞分解
1ページへ戻る
前のページを読む
2/2
次のページを読む

Tunagari_title
・伊勢物語『東下り・三河国編』(昔、男ありけり〜)の品詞分解

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 国語総合』 桐原書店
『教科書 高等学校 国語総合 古典編』 東京書籍

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 398,442 pt 
 役に立った数 1,071 pt 
 う〜ん数 144 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!