新規登録 ログイン

18_80 西アジア・地中海世界の形成 / 古代オリエント世界

ネブカドネザル2世とは わかりやすい世界史用語232

著者名: ピアソラ
Text_level_2
マイリストに追加
ネブカドネザル2世とは

ネブカドネザル2世は、新バビロニア王国の最も有名な王の一人であり、紀元前604年から紀元前562年までの42年間にわたって統治しました。彼の名前は、アッカド語で「ナブー、私の後継者を見守れ」という意味を持ちます。彼の治世は、バビロニアの黄金時代と見なされており、特に軍事的な成功と建築プロジェクトで知られています。

ネブカドネザル2世は、父ナボポラッサルの死後、王位を継承しました。彼の治世の初期には、エジプトとの戦いで知られるカルケミシュの戦いで勝利を収め、バビロニアの覇権を確立しました。彼はまた、エルサレムを含む多くの都市を征服し、ユダヤ人をバビロンに連れて行くことで知られています。これは「バビロン捕囚」として知られる出来事で、ユダヤ教とキリスト教の聖書に記録されています。

彼の治世中、ネブカドネザル2世はバビロンを大規模に再建し、その中でも特に有名なのが「バビロンの空中庭園」です。これは世界の七不思議の一つとされていますが、その実在には疑問も投げかけられています。彼はまた、バビロンの城壁やエテメナンキ(バビロンのジグラット)など、多くの壮大な建築物を建設しました。

ネブカドネザル2世の死後、バビロニア帝国は衰退し始め、紀元前539年にはペルシャ帝国によって征服されました。彼の死因やその他の個人的な詳細については、史料が乏しく、多くは不明です。



ネブカドネザル2世の治世は、古代近東の歴史において重要な時期であり、彼の軍事的な遠征と建築プロジェクトは、バビロニア文明の最高点を象徴しています。

バビロン捕囚、またはバビロンの流刑は、新バビロニア帝国がユダ王国を征服した後、ユダヤ人がバビロニアで強制的に拘留された時期を指します。この出来事は紀元前598/7年と587/6年に起こり、正式には紀元前538年にペルシャの征服者キュロス大王がユダヤ人にパレスチナへの帰還を許可したことで終わりました。

歴史家たちは、複数回の追放があったこと(それぞれがパレスチナでの反乱の結果)、すべてのユダヤ人が故郷を離れることを強いられたわけではないこと、帰還するユダヤ人がバビロニアを異なる時期に離れたこと、そして一部のユダヤ人がバビロニアに留まることを選んだことを認めています。これにより、ディアスポラに永住する多くのユダヤ人コミュニティの最初が形成されました。

多くの学者は、最初の追放が紀元前597年に起こったとしています。その年には、ユダ王エホヤキンが廃位され、彼の家族、宮廷、そして何千人もの労働者と共に流刑に送られたとされています。他の人々は、紀元前586年にネブカドネザル2世によってエルサレムが破壊された後の最初の追放を指摘しています。もしそうであれば、ユダヤ人は48年間バビロニアの捕囚にあったことになります。エレミヤ書29:10の伝統を受け入れる人々の中には、流刑が70年間続いたとする人もいます。その場合、紀元前608年から538年、または紀元前586年から約516年(エルサレムで再建された神殿が奉献された年)までの日付を選ぶ人もいます。

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Tunagari_title
・ネブカドネザル2世とは わかりやすい世界史用語232

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
『世界史B 用語集』 山川出版社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 48 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。