新規登録 ログイン

1_80 古典:読み解き / 古文:文章の訳/読み解き

枕草子 『うつくしきもの』 現代語訳と解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
『うつくしきもの』

このテキストでは、清少納言の書いた枕草子の中の第百五十一段、「うつくしきもの」の現代語訳をしています。

原文

うつくしきもの。瓜にかぎたるちごの顔。すずめの子の、ねず鳴きするに踊り来る。二つ三つばかりなるちごの、急ぎてはひくる道に、いと小さきちりのありけるを目ざとに見つけて、いとをかしげなる指にとらへて、大人などに見せたる。いとうつくし。頭は尼そぎなるちごの、目に髪のおほえるをかきはやらで、うちかたぶきてものなど見たるも、うつくし。
 
大きにはあらぬ殿上童(※1)の、装束きたてられてありくもうつくし。をかしげなるちごの、あからさまにいだきて遊ばしうつくしむほどに、かいつきて寝たる、いとらうたし。
 
雛の調度。蓮の浮葉のいとちひさきを、池より取りあげたる。葵のいとちひさき。なにもなにも、ちひさきものはみなうつくし。
 
いみじう白く肥えたるちごの二つばかりなるが、二藍の薄物など、衣長にてたすき結ひたるがはひ出でたるも、またみじかきが袖がちなる着てありくもみなうつくし。八つ、九つ、十ばかりなどの男児の、声はをさなげにて書読みたる、いとうつくし。
 
にはとりの雛の足高に、白うをかしげに、衣みじかなるさまして、ひよひよとかしかましう鳴きて、人のしりさきに立ちてありくもをかし。また親の、ともに連れて立ちて走るも、みなうつくし。雁(※2)の子。瑠璃の壺。

現代語訳

かわいらしいもの。瓜に書いた幼い子供の顔。すずめの子が、人がねずみの鳴きまねをすると跳ねてやってくること。2、3歳ぐらいの子供が、急いではいはいしながらよってくる途中で、とても小さなほこりがあったのを目ざとく見つけて、とてもかわいらしい指でつかまえて、大人などに見せた様子。髪型をおかっぱにしている子供が、目に髪がかぶさっているのにそれを払いもせず、首を少しかしげて物など見ているのも、かわいらしい。

大きくはない殿上童が、立派な着物を着せられて歩いている様子もかわいらしい。かわいらしい子供が、少し抱いて遊ばせてかわいがっているうちに、しがみついて寝てしまっているのもとてもかわいらしい。

雛人形の道具。蓮の浮き葉をお池から取り上げたもの。葵のたいへん小さいもの。何もかも、小さいものはみなかわいらしい。

とても色白で太っている子で2歳ぐらいになるのが、二藍の薄物などを、丈が長いのでたすきで結んでいる状態ではいはいしている様子や、短い着物で袖だけが大きく目立っている様子で歩いているのもかわいらしい。8、9、10歳ぐらいになる男の子が、幼い声で読書をしている様子もかわいらしい。

にわとりの雛の足が長く、白くかわいらしげな様子で、着物が短いような感じでぴよぴよとやかましく泣きながら、人の後ろや前にたって歩いているのもかわいらしい。また親鳥が一緒に連れ立って歩いているのも、皆かわいらしい。雁のヒナや瑠璃の壺(もかわいらしい)。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書ガイド 中学校国語 国語3年』文理
『教科書 中学校国語3』 学校図書
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 109,041 pt 
 役に立った数 41 pt 
 う〜ん数 9 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。