新規登録 ログイン

9_80 ことば / 単語

古文単語「ふたあゐ/二藍」の意味・解説【名詞】

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
ふたあゐ/二藍

ALT

名詞

意味1

紅花と藍で染めたもので薄紫がかった色

[出典]うつくしきもの 枕草子
「いみじう白く肥えたるちごの二つばかりなるが、二藍の薄物など、衣長にてたすき結ひたるがはひ出でたるも...」

[訳]:とても色白で太っている子で2歳ぐらいになるのが、紅花と藍で染めた薄い絹の着物などを、丈の長い着物を着ているように袖を結んでいるのが這ってでてきたのも...


意味2

襲の色目
※表は縹色(濃い赤みがかった藍色)で、裏は縹色。
Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,074 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。