新規登録 ログイン
検索条件
タグ 枕草子

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
『中納言参りたまひて』 ここでは、清少納言が書いた枕草子「中納言参りたまひて」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 この物語の要約・おもしろさ 主語の無い敬語が多く、しかも、敬語の向きや文... (全て読む)
17_80
Text_level_1
国風文化の台頭 10世紀になると、貴族を中心とする文化が起こりました。これを国風文化と言います。 平仮名と片仮名の普及 国風文化を代表するものに、平仮名や片仮名を使った文学作品があります。 平仮... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『春は曙(あけぼの)』 このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中から、第一段「春はあけぼの〜」の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。 原文(本文) 春は あけぼの。 やうやう白くなりゆ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『雪のいと高う降りたるを』 このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中「雪のいと高う降りたるを」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 書籍によっては「香炉峰の雪」と題するものもあるようで... (全て読む)
9_80
Text_level_1
二月つごもりごろに ここでは、枕草子『二月つごもりごろに』の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。 原文 二月 つごもりごろに、風(※1)いたう吹きて、空(※2) いみじう黒きに、雪少し う... (全て読む)
9_80
Text_level_1
中納言参りたまひて ここでは、清少納言が書いた枕草子の中の「中納言参りたまひて」の品詞分解を行っています。 ※現代語訳: 中納言参りたまひて』わかりやすい現代語訳と解説 品詞分解 ※名詞は省略し... (全て読む)
9_80
Text_level_1
枕草子『宮に初めて参りたるころ』 ここでは、枕草子の中の『宮に初めて参りたるころ』(宮に初めて参りたるころ、もののはづかしきことの数知らず〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文(本... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに ここでは、清少納言の書いた枕草子の冒頭、「春はあけぼの~」から「冬はつとめて」までをみていきます。 品詞分解 【原文】 春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる... (全て読む)
9_80
Text_level_1
中納言参りたまひて 枕草子『中納言参りたまひて』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。 問題 次の文章を読み、問いに答えよ 中納言参り給ひて、御扇奉らせたまふに、 「隆家こそい... (全て読む)
9_80
Text_level_1
枕草子『すさまじきもの』 ここでは、枕草子の『すさまじきもの(除目に司えぬ人の家〜)』の現代語訳と解説をしています。 原文(本文) 除目に司得ぬ人の家。今年は必ずと聞きて、はやうありし者どもの、... (全て読む)

1

2

3

4