新規登録 ログイン
検索条件
科目 中学国語
タグ

1

2

3

4

1_80
Text_level_1
月の名前 古典を読むうえで、月の名前を知っていることは大前提です。 1月は睦月、2月は如月、3月は弥生といったように各月は、それぞれ現在とは違った名前で呼ばれていました。 名前が、3月生まれなの... (全て読む)
1_80
Text_level_1
前回のおさらい 前回のテキストでは、動詞の活用の種類について説明をしました。活用の種類には五段活用・上一段活用・下一段活用・カ行変格活用・サ行変格活用の5種類があったんでしたね。 ここでは、これ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
『ある人、弓射ることを習ふに』 このテキストでは、徒然草の中の「ある人、弓射ることを習ふに」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 作者は兼好法師(吉田兼好)です。 原文 ある人、弓射ること... (全て読む)
1_80
Text_level_1
前回のおさらい 前回のテキストでは、動詞の活用形について説明しましたね。 動詞の活用形には、未然形・連用形・終止形・連体形・仮定形・命令形という6つのパターンがあるんでしたね。 今回は動詞の活用... (全て読む)
1_80
Text_level_1
古文に出てくる品詞~動詞編~ 古文にも現代文の同じように、動詞や形容詞といった品詞が登場してきます。 普段日本語を話すときにで、動詞だの形容詞だのと意識しながら話をする方はほとんどいないと思いま... (全て読む)
1_80
Text_level_1
似たような言い回しをするけれど、実は意味が違う。そんな言葉にフォーカスをして連載していきます。第5回は伯父と叔父、伯母と叔母についてみていきましょう。どちらも"おじ"、"おば"と読みますが、どう... (全て読む)
1_80
Text_level_1
古文に出てくる品詞~形容詞~ [ur] 前回は動詞について勉強をしましたね。 今回は形容詞について説明をします。 形容詞 形容詞とは、現代語と同じように事や者の状態・性質・人の感情を表す言葉で、... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「思ひつつ寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを」という歌について説明していきます。 原文 思ひつつ寝ればや人の見えつらむ 夢と知... (全て読む)
1_80
Text_level_2
文節って? まず、文節について説明しましょう。 文節とは、文章を意味をもつ言葉の範囲で区切ったもののことを言います。言葉で言うとむずかしいので、さっそく例文をみてみましょう。 例えば「明日は雨が... (全て読む)
1_80
Text_level_1
『敦盛の最期』現代語訳と解説 一の谷の戦いで源氏に敗れた平氏は、船にのって海へと逃げていきます。そんな中、この章の主人公である熊谷次郎直実(くまがえのじろうなおざね)は、平家の中でも身分の高い人... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 中学国語
 現代文
   現代文:論説/評論文
   現代文:小説
   現代文:随筆
   現代文:短歌/俳句
 現代文:文法
   現代文:文法
 現代文:作家
   現代文:作家
 現代文:ことば
   現代文:漢字/単語/熟語/ことわざ
 現代文:その他
   現代文:その他
 古典:読み解き
   古文:文章の訳/読み解き
   漢文:文章の訳/読み解き
 古典:文法
   古文:文法
   漢文:文法
 古典:ことば
   古文:単語/ことば
   漢文:単語/ことば
 古典の基礎知識
   古文の基礎知識
   漢文の基礎知識
 古典:その他
   古典:その他