新規登録 ログイン
検索条件
タグ 古文

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
竹取物語『かぐや姫の昇天』 このテキストでは、竹取物語の中の"かぐや姫の昇天"の「天人の中に、持たせたる箱〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳をしています。書籍によっては「天の羽衣」と題するもの... (全て読む)
1_80
Text_level_1
古文に出てくる品詞~動詞編~ 古文にも現代文の同じように、動詞や形容詞といった品詞が登場してきます。 普段日本語を話すときにで、動詞だの形容詞だのと意識しながら話をする方はほとんどいないと思いま... (全て読む)
1_80
Text_level_1
古文に出てくる品詞~形容詞~ [ur] 前回は動詞について勉強をしましたね。 今回は形容詞について説明をします。 形容詞 形容詞とは、現代語と同じように事や者の状態・性質・人の感情を表す言葉で、... (全て読む)
1_80
Text_level_1
『敦盛の最期』現代語訳と解説 一の谷の戦いで源氏に敗れた平氏は、船にのって海へと逃げていきます。そんな中、この章の主人公である熊谷次郎直実(くまがえのじろうなおざね)は、平家の中でも身分の高い人... (全て読む)
9_80
Text_level_1
竹取物語『かぐや姫の昇天』 このテキストでは竹取物語の中の"かぐや姫の昇天"の「かかるほどに、宵うち過ぎて、〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては『天の羽衣』... (全て読む)
9_80
Text_level_1
竹取物語『かぐや姫の昇天』 このテキストでは、竹取物語の中の"かぐや姫の昇天"の「立てる人どもは~」から始まる部分の現代語訳・口語訳をしています。書籍によっては『天の羽衣』と題するものもあるよう... (全て読む)
1_80
Text_level_1
係り結び ここでは 係り結びについて説明します。 係り結びとは、特定の言葉(Aとします)が特定の言葉(Bとします)の前後についたときに、Aの活用形が変化するという文法の法則のことです。係り結びを... (全て読む)
1_80
Text_level_1
古文に出てくる品詞~形容動詞~ 前回は形容詞について勉強をしました。 今回は形容動詞について説明しましょう。 形容動詞 形容動詞とは、現代語と同じように事や物の状態・性質・人の感情を表す言葉です... (全て読む)
1_80
Text_level_1
平家物語〜一の谷までのあらすじ〜 平安時代も終わりに近付いている時期に、最大の勢力を持っていたのが、平清盛率いる平氏でした。ライバルであった源義朝をやぶって源氏の力をそぎおとし、清盛は武士として... (全て読む)
9_80
Text_level_1
わりなし 形容詞・ク活用 |未然形|わりなく|わりなから| |連用形|わりなく|わりなかり| |終止形|わりなし|◯| |連体形|わりなき|わりなかる| |已然形|わりなけれ|◯| |命令形|◯... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!