新規登録 ログイン
検索条件
科目カテゴリ 古文:文章の訳/読み解き
タグ

1

2

3

4

1_80
Text_level_1
『ある人、弓射ることを習ふに』 このテキストでは、徒然草の中の「ある人、弓射ることを習ふに」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 作者は兼好法師(吉田兼好)です。 原文 ある人、弓射ること... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「思ひつつ寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを」という歌について説明していきます。 原文 思ひつつ寝ればや人の見えつらむ 夢と知... (全て読む)
1_80
Text_level_1
『敦盛の最期』現代語訳と解説 一の谷の戦いで源氏に敗れた平氏は、船にのって海へと逃げていきます。そんな中、この章の主人公である熊谷次郎直実(くまがえのじろうなおざね)は、平家の中でも身分の高い人... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに ここでは、清少納言の書いた枕草子の冒頭、「春はあけぼの~」から「冬はつとめて」までをみていきます。 品詞分解 【原文】 春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫だちたる... (全て読む)
1_80
Text_level_1
『高名の木登り』 このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中の「高名の木登り」(高名の木登りと言ひし男〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文(本文) 高名の木登りと言ひし男、人を... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる」という歌について説明していきます。 原文 秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、兼好法師の書いた徒然草の中の「猫また」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文 「奥山に、猫またといふものありて、人を食ふなる。」 と人の言ひけるに、 「山な... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「田子の浦ゆうち出でてみれば真白にそ富士の高嶺に雪は降りける」という歌の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文 田子の浦ゆ うち出でてみれ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、竹取物語の冒頭部分(今は昔、竹取の翁といふものありけり〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。竹取物語は作者や完成した年は不明ですが、日本で最古の物語作品と言わ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
『うつくしきもの』 このテキストでは、清少納言の書いた枕草子の中の第百五十一段、「うつくしきもの」の現代語訳をしています。 原文 うつくしきもの。瓜にかぎたるちごの顔。すずめの子の、ねず鳴きする... (全て読む)

1

2

3

4

枕草子、徒然草、平家物語などの古典文学や万葉集などの和歌の読解(現代語訳、文法解説、単語の説明)に関するテキストを集めたカテゴリです。


知りたいことを検索!

 中学国語
 現代文
   現代文:論説/評論文
   現代文:小説
   現代文:随筆
   現代文:短歌/俳句
 現代文:文法
   現代文:文法
 現代文:作家
   現代文:作家
 現代文:ことば
   現代文:漢字/単語/熟語/ことわざ
 現代文:その他
   現代文:その他
 古典:読み解き
   古文:文章の訳/読み解き
   漢文:文章の訳/読み解き
 古典:文法
   古文:文法
   漢文:文法
 古典:ことば
   古文:単語/ことば
   漢文:単語/ことば
 古典の基礎知識
   古文の基礎知識
   漢文の基礎知識
 古典:その他
   古典:その他

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。