新規登録 ログイン
検索条件
科目 倫理
タグ

1

2

3

4

22_80
Text_level_1
欲求 第二次性徴で心身共に成熟し、自我意識の形成されてくる青年期には様々な欲求が生まれます。欲求には様々な形があります。何かをしたいと思って行動起こすのは、そこに欲求があるからです。 欲求には一... (全て読む)
22_80
Text_level_1
自由からの逃走とは 戦時中の1941年に発表されたE.フロムの『自由からの逃走』はファシズムの研究、特にドイツのナチズムの研究です。 ナチズムを正しく理解するために、なぜ当時の人々はナチズムを支... (全て読む)
22_80
Text_level_1
葛藤(コンフリクト) 青年期には様々な欲求がせめぎ合います。二つ以上の異なる欲求が生じて選択が困難になることを葛藤(コンフリクト)といいます。 葛藤は3種類の分類がなされるとK.レヴィンは言って... (全て読む)
22_80
Text_level_1
社会契約説を唱えた3人の思想家 ここでは社会契約説を唱えた思想家の中でも、ホッブス、ロック、ルソーの3人に注目をしてそれぞれの思想の特徴についてまとめています。 |-|ホッブス|ロック|ルソー|... (全て読む)
22_80
Text_level_1
王権神授説によって正当化された絶対王政に対して、人々は新しい視点から社会の在り方を考えるようになりました。 それまで、思想や文化においてこの考え方は進んでいましたが、ついに政治や社会の在り方にま... (全て読む)
22_80
Text_level_2
アイデンティティとは アイデンティティは、自我同一性とも言い、誕生以来、自分がありのままの自分としていつづけたという一貫性と、社会的に役割を果たし、同時に社会に認められているという自信、つまり「... (全て読む)
22_80
Text_level_1
アイデンティティ 日本語では「自己同一性」や「自我同一性」と訳されているアイデンティティですが、これは一体どういう意味なのでしょうか。 アイデンティティの確立とモラトリアム 心理学者のエリクソン... (全て読む)
22_80
Text_level_2
青年期の特徴とは? 青年期は、人間が心身ともに子供から大人に変わっていく時期を指します。 胎児の頃から、男性、女性それぞれの生殖器を備えて誕生することを第一次性徴といいますが、その後ホルモンの分... (全て読む)
22_80
Text_level_1
性善説 孔子の死後、その思想を継いだのが孟子でした。 孔子の「仁」や「徳」の考えを継承した孟子は、人の心は生まれつき善であり、それに向かう心を持っているという性善説を説きました。 性善説の中で孟... (全て読む)
22_80
Text_level_1
青年期 青年期は、子供から成人へと成長する時期にいる人たちのことを指します。一般的に13,14歳~22,23歳までの期間が青年期とされています。 古代、中世などに比べて現代の文明は発達しており、... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 倫理
 人間としての自覚
   青年期の自己
   ギリシアの思想
   中国の思想
   その他の思想
   仏教
   キリスト教
   イスラーム教
 国際社会に生きる日本人としての自覚
   日本仏教の思想
   日本における儒教(朱子学/陽明学/古学など)
   国学と民衆思想(本居宣長/石田梅岩/二宮尊徳など)
   啓蒙思想と自由民権運動(福沢諭吉/中江兆民など)
   キリスト教の受容(プロテスタンティズム/内村鑑三など)
   国粋主義/国家主義/社会主義(徳富蘇峰/三宅雪嶺/幸徳秋水など)
   近代的自我の成立(近代文学/民本主義/女性解放など)
   近代の日本哲学(西田幾多郎/和辻哲郎など)
 現代に生きる人間の倫理
   近代思想の始まり(ルネサンス/宗教改革など)
   科学的な見方・考え方(ガリレオ/ベーコン/デカルトなど)
   近代民主主義と人権(モラリスト/社会契約説/カントなど)
   自己実現と幸福(ヘーゲル/功利主義/プラグマティズムなど)
   社会主義と実存主義(マルクス/エンゲルス/ニーチェ/ハイデッガーなど)
   現代のヒューマニズム(ガンディー/キング牧師など)
   現代の思想(フランクフルト学派/構造主義など)
 現代の諸課題と倫理
   生命倫理と環境倫理における問題
   家族と地域社会・情報社会における問題
   異文化の理解と人類の福祉
 その他
   その他