新規登録 ログイン
検索条件
科目 数学II
タグ

1

2

3

4

14_80
Text_level_1
共役な複素数とは 複素数 a+bi と aーbi を互いに 共役な複素数であるといいます。 共役な複素数は、 足すと  a+bi+a-bi=2a かけると \left(a+bi\right) \... (全て読む)
14_80
Text_level_1
円にも方程式がある 直線を方程式で表したように、円も方程式で表すことができます。 図のように、中心が原点O、半径がrの円は x^{2}+y^{2}=r^{2} …① と書きます。では、次のような... (全て読む)
14_80
Text_level_1
不等式の証明 導関数を用いて、x \leq 0 のとき、 x^{3} \leq 6x^{2}-9x が成り立つことを証明してみましょう。 考え方 f(x)=x^{3} \leq 6x^{2}-9... (全て読む)
14_80
Text_level_1
平行四辺形の頂点の座標 平行四辺形の性質を利用して、頂点の座標を求める方法を学びましょう。 点A(-1,3)、点B(3,3)、点C(5,-1)、点D(x,y)の4つの点を頂点とする平行四辺形AD... (全て読む)
14_80
Text_level_1
絶対値を含む不等式 絶対値は、その性質から |a| ^{2} =a ^{2} |a| |b|=|ab| |ab| ^{2} = \left(|a| |b|\right) ^{2} | \frac... (全て読む)
14_80
Text_level_1
原点以外の任意の点Pからの距離 続いて、原点Oからではなく、任意の点P(x1,y1)から直線l:ax+by+c=0 の距離の求め方について説明しましょう。 わかりやすくするために、図1のように点... (全て読む)
14_80
Text_level_2
3つの点から円の方程式を求める 円の方程式は x^{2}+y^{2}=r^{2} の他に x^{2}+y^{2}+lx+my+n=0 …① と表すこともできます。 x^{2}+y^{2}=r^{... (全て読む)
14_80
Text_level_1
2つの直線、3x+2y=12 …①、2x+y=5 …②の交点を通り、点(2,4)を通る直線の方程式を求めてみましょう。 考え方 ①と②の交点の座標を求め、そこからその点と点(2,4)を通る直線の... (全て読む)
14_80
Text_level_1
logの計算 ここでは、logを使った計算の法則について学んでみましょう。 まず、logには以下の法則があります。 log_{a}a=1 log_a{1}=0 log_{a} \frac{1}{... (全て読む)
14_80
Text_level_1
多項式の割り算 x ^{2} -3x+1 を x+1 で割った時の商と余りについて考えてみましょう。 整数同士の割り算を思い出してみてください。 例えば17÷5ですが、次のように計算していました... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!

 数学II
 式と証明
   多項式の乗法と除法
   分数式
   恒等式/等式の証明
   不等式の証明
   二項定理
 高次方程式
   複素数
   2次方程式(判別式/係数の関係/数の大小)
   剰余の定理と因数定理
   高次方程式
 点と直線
   点の距離
   内分点/外分点
   座標上の多角形
   直線の方程式
   垂直/平行な2直線
   2直線の交点
   点と直線の距離
 円
   円の方程式
   円と直線の関係
   円:軌跡の方程式
   不等式の表す領域
 指数関数と対数関数
   指数と指数関数
   対数と対数関数
 三角関数
   三角関数
   加法定理/倍角の公式
 微分
   平均変化率・極限値
   微分係数と導関数
   微分:接線
   微分:関数の増大と極大・極小
   微分:最大値・最小値
   微分:関数のグラフと方程式・不等式
 積分
   不定積分
   定積分
   積分:面積
 その他
   その他