新規登録 ログイン

9_80 文法 / 文法

枕草子『宮に初めて参りたるころ』(昼つかた、今日はなほ参れ〜)の品詞分解

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
枕草子『宮に初めて参りたるころ』

このテキストでは、枕草子の一節『宮に初めて参りたるころ』の「昼つかた、今日は、なほ参れ」から始まる部分の品詞分解を記しています。『宮に初めて参りたるころ』の冒頭部分の品詞分解は、下記を参照してください。

※前回のテキスト:枕草子『宮に初めて参りたるころ』の品詞分解

※現代語訳:枕草子『宮に初めて参りたるころ』(昼つかた〜)現代語訳・口語訳と文法解説

枕草子とは

枕草子清少納言によって書かれたとされる随筆です。清少納言は平安時代中期の作家・歌人で、一条天皇の皇后であった中宮定子に仕えました。ちなみに枕草子は、兼好法師の『徒然草』、鴨長明の『方丈記』と並んで「古典日本三大随筆」と言われています。


品詞分解

※名詞は省略しています。

単語品詞敬意の向き
昼つかた、
「今日
は、係助詞ー
なほ副詞
参れ。ラ行四段活用「まゐる」の命令形謙譲語:作者→中宮定子
格助詞
曇りラ行四段活用「くもる」の連用形
接続助詞
あらはにナリ活用の形容動詞「あらはなり」の連用形
係助詞
あるラ行変格活用「あり」の連体形
まじ。」打消推量の助動詞「まじ」の終止形
など、副助詞
たびたび副詞
召せサ行四段活用「めす」の已然形尊敬語:作者→中宮定子
ば、接続助詞
代名詞
格助詞
格助詞
あるじ
も、係助詞
「見苦し。シク活用の形容詞「みぐるし」の終止形
副詞
のみ副助詞
やは係助詞(または係助詞「や」+係助詞「は」)
篭りラ行四段活用「こもる」の連用形
たら存続の助動詞「たり」の未然形
意志の助動詞「む」の終止形
格助詞
する。サ行変格活用「す」の連体形:係り結び
あへなきク活用の形容詞「あへなし」の連体形
まで副助詞
御前
許さサ行四段活用「ゆるす」の未然形
受身の助動詞「る」の未然形
たる完了の助動詞「たり」の連体形
は、係助詞
副詞
おぼしめすサ行四段活用「おぼしめす」の連体形作者→中宮定子
やう
こそ係助詞
あらラ行変格活用「あり」の未然形
め。推量の助動詞「む」の已然形:係り結び
思ふハ行四段活用「おもふ」の連体形
格助詞
たがふハ行四段活用「たがふ」の連体形
係助詞
にくきク活用の形容詞「にくし」の連体形
もの
ぞ。」係助詞
と、格助詞
ただ副詞
いそがしサ行四段活用「いそがし」の連用形
格助詞
出だし立つれタ行下二段活用「いだしたつる」の已然形:係り結び
ば、接続助詞
あれ代名詞
断定の助動詞「なり」の連用形
係助詞
あらラ行変格活用「あり」の未然形
打消の助動詞「ず」の連体形
心地
すれサ行変格活用「す」の已然形
接続助詞
参るラ行四段活用「まゐる」の連体形謙譲語:作者→中宮定子
ぞ、係助詞
いと副詞
苦しき。シク活用の形容詞「くるし」の連体形:係り結び
火焼屋
格助詞
格助詞
降り積みマ行四段活用「ふりつむ」の連用形
たる存続の助動詞「たり」の連体形
も、係助詞
めづらしう、シク活用の形容詞「めづらし」の連用形「めづらしく」のウ音便
をかし。シク活用の形容詞「をかし」の終止形


※現代語訳:枕草子『宮に初めて参りたるころ』現代語訳・口語訳と文法解説


関連テキスト

・枕草子『春はあけぼの

・枕草子『二月つごもりごろに

・枕草子『うつくしきもの

・枕草子『雪のいと高う降りたるを

・枕草子『九月ばかり

・枕草子『ありがたきもの

・枕草子『はしたなきもの

・枕草子『すさまじきもの

・枕草子『中納言殿参り給ひて

・枕草子『大納言殿参り給ひて
Tunagari_title
・枕草子『宮に初めて参りたるころ』(昼つかた、今日はなほ参れ〜)の品詞分解

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
『教科書 精選古典B 古文編』 東京書籍
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
『教科書 高等学校古典B』 第一学習社
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 29,916 pt 
 役に立った数 21 pt 
 う〜ん数 11 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。