新規登録 ログイン
検索条件
タグ 枕草子

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
『中納言参りたまひて』 このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中から、「中納言参りたまひて」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。敬語の向きについては最後に記してあります。 [ad 00... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『春は曙(あけぼの)』 このテキストでは、枕草子の冒頭「春はあけぼの〜」の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。作者は清少納言です。清少納言は平安時代中期の作家・歌人です。一条天皇の皇后であ... (全て読む)
17_80
Text_level_1
国風文化の台頭 10世紀になると、貴族を中心とする文化が起こりました。これを国風文化と言います。 平仮名と片仮名の普及 国風文化を代表するものに、平仮名や片仮名を使った文学作品があります。 平仮... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『雪のいと高う降りたるを』 このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中「雪のいと高う降りたるを」の原文、現代語訳(口語訳)とその解説を記しています。 書籍によっては「香炉峰の雪」と題するものも... (全て読む)
9_80
Text_level_1
枕草子『二月つごもりごろに』 ここでは、枕草子の『二月つごもりごろに』の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。作者の清少納言は平安時代中期の作家・歌人です。一条天皇の皇后であった中宮定子に仕... (全て読む)
9_80
Text_level_1
中納言参りたまひて ここでは、清少納言が書いた枕草子の中の「中納言参りたまひて」の品詞分解を行っています。清少納言は平安時代中期の作家・歌人です。一条天皇の皇后であった中宮定子に仕えました。そし... (全て読む)
9_80
Text_level_1
枕草子『宮に初めて参りたるころ』 ここでは、枕草子の中の『宮に初めて参りたるころ』(宮に初めて参りたるころ、もののはづかしきことの数知らず〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 [ad ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに 枕草子といえば、日本の古典の中でも非常に有名なものです。ここでは、清少納言の書いた枕草子の冒頭、「春はあけぼの~」から「冬はつとめて」までをみていきます。 品詞分解はこちら [ad 0... (全て読む)
9_80
Text_level_1
枕草子『すさまじきもの』 ここでは、枕草子の『すさまじきもの(除目に司えぬ人の家〜)』の現代語訳と解説をしています。 [ad 001] ※枕草子は清少納言によって書かれた随筆です。兼好法師の『徒... (全て読む)
9_80
Text_level_1
中納言参りたまひて このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中から『中納言参りたまひて』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。 [ad 001] ※清少納言は平安時代中期の作... (全て読む)

1

2

3

4