新規登録 ログイン
検索条件
タグ 宮に初めて参りたるころ

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
枕草子『宮に初めて参りたるころ』原文・現代語訳と解説 このテキストでは、枕草子の一節『宮に初めて参りたるころ』(宮に初めて参りたるころ、もののはづかしきことの数知らず〜)のわかりやすい現代語訳・... (全て読む)
9_80
Text_level_1
テストに役立つ!枕草子『宮に初めて参りたるころ』の品詞分解・敬語の向きまで解説 このテキストでは、『枕草子』の一節『宮に初めて参りたるころ』の品詞分解と敬語の向きを記しています。 [ad 001... (全て読む)
9_80
Text_level_1
枕草子『宮に初めて参りたるころ』 ここでは、枕草子『宮に初めて参りたるころ』の「昼つかた、『今日は、なほ参れ。』」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 ※ 『宮に初めて参りた... (全て読む)
9_80
Text_level_1
めでたし/愛でたし このテキストでは、ク活用の形容詞「めでたし/愛でたし」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 形容詞・ク活用 |未然形|めでたく|めでたから| |連... (全て読む)
9_80
Text_level_1
わりなし このテキストでは、ク活用の形容詞「わりなし」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 形容詞・ク活用 |未然形|わりなく|わりなから| |連用形|わりなく|わり... (全て読む)
9_80
Text_level_1
まゐらす/参らす このテキストでは、古文単語「まゐらす/参らす」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 「参らす」には、 ①サ行下二段活用 ②連語 の2つの活用方法があ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
おぼえ/覚え このテキストでは、古文単語「おぼえ/覚え」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 名詞 意味1 世間の評判、人望。 ※よい意味で用いられることが多い [出典... (全て読む)
9_80
Text_level_1
おる/下る/降る このテキストでは、ラ行上二段活用の動詞「おる/下る/降る」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] ラ行上二段活用 |未然形|おり| |連用形|おり| |... (全て読む)
9_80
Text_level_1
枕草子『宮に初めて参りたるころ』 このテキストでは、枕草子の一節『宮に初めて参りたるころ』の「昼つかた、『今日は、なほ参れ』〜」から始まる部分の品詞分解を記しています。『宮に初めて参りたるころ』... (全て読む)
9_80
Text_level_1
のたまはす/宣はす このテキストでは、サ行下二段活用「のたまはす/宣はす」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] サ行下二段活用 |未然形|のたまはせ| |連用形|のた... (全て読む)

1

2

3

4