新規登録 ログイン

9_80 文法 / 文法

源氏物語『桐壷・光源氏の誕生(前の世にも御契りや〜)』の品詞分解(文法・助動詞など)

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
源氏物語『光源氏の誕生・光る君誕生』

このテキストでは、源氏物語の桐壷の章『光源氏の誕生』(前の世にも御契りや深かりけむ〜)の品詞分解を記しています。書籍によっては『光る君誕生』と題するものもあるようです。



※前回のテキスト:「いづれの御時にか〜」の品詞分解

※現代語訳:源氏物語『桐壷・光源氏の誕生(前の世にも御契りや〜)』の現代語訳・解説

※源氏物語は平安中期に成立した長編小説です。一条天皇中宮の藤原彰子に仕えた紫式部が作者とするのが通説です。
品詞分解

※名詞は省略しています。



前の世にも御契りや深かりけむ、世になく清らなる玉の男御子さへ生まれ給ひぬ。

格助詞
格助詞
係助詞
御契り
係助詞
深かり形容詞・ク活用・連用形
けむ、過去原因推量の助動詞・連体形
格助詞
なく形容詞・ク活用・連用形
清らなる形容動詞・ナリ活用・連体形
格助詞
男御子
さへ副助詞
生まれラ行下二段活用・連用形
給ひ尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・連用形
ぬ。完了の助動詞・終止形



いつしかと心もとながらせ給ひて、急ぎ参らせて御覧ずるに、めづらかなる稚児の御容貌なり。

いつしか副詞
格助詞
心もとながらラ行四段活用・未然形
尊敬の助動詞・連用形
給ひ尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・連用形
て、接続助詞
急ぎガ行四段活用・連用形
参らラ行四段活用・未然形
使役の助動詞・連用形
接続助詞
御覧ずるサ行変格活用・連体形
に、接続助詞
めづらかなる形容動詞・ナリ活用・連体形
格助詞
御容貌
なり。断定の助動詞・終止形



一の皇子は、右大臣の女御の御腹にて、寄せ重く、疑ひなき儲の君と、世にもてかしづき聞こゆれど、この御にほひには並び給ふべくもあらざりければ、

一の皇子
は、係助詞
右大臣
格助詞
女御
格助詞
御腹
断定の助動詞・連用形
て、接続助詞
寄せ
重く、形容詞・ク活用・連用形
疑ひ
なき形容詞・ク活用・連体形
儲の君
と、格助詞
格助詞
もてかしづきカ行四段活用・連用形
聞こゆれヤ行下二段活用・已然形
ど、接続助詞
代名詞
格助詞
御にほひ
格助詞
係助詞
並びバ行四段活用・連用形
給ふ尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・終止形
べく可能の助動詞・連用形
係助詞
あら補助動詞・ラ行変格活用・未然形
ざり打消の助動詞・連用形
けれ過去の助動詞・已然形
ば、接続助詞



おほかたのやむごとなき御思ひにて、この君をば、私物に思ほしかしづき給ふこと限りなし。

おほかた
格助詞
やむごとなき形容詞・ク活用・連体形
御思ひ
断定の助動詞・連用形
て、接続助詞
代名詞
格助詞
格助詞
ば、係助詞
私物
格助詞
思ほしサ行四段活用・連用形
かしづきカ行四段活用・連用形
給ふ尊敬の補助動詞・ハ行四段活用・連体形
こと
限りなし。形容詞・ク活用・終止形


1ページへ戻る
前のページを読む
1/3
次のページを読む

Tunagari_title
・源氏物語『桐壷・光源氏の誕生(前の世にも御契りや〜)』の品詞分解(文法・助動詞など)

Related_title
もっと見る 

Keyword_title

Reference_title
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店
『教科書 精選古典B 』三省堂
『教科書 高等学校古典B』 第一学習社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 219,224 pt 
 役に立った数 204 pt 
 う〜ん数 39 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。