manapedia
十訓抄『成方といふ笛吹き』(昔、趙の文王〜)の現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
7,673 views
十訓抄『成方といふ笛吹き』

ここでは十訓抄の中の『成方といふ笛吹き』の「昔、趙の文王〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。書籍によっては、「成方の笛」や「成方と名笛」、「笛吹成方の大丸」などと題するものもあるようです。

※前回のテキスト:十訓抄『成方の笛(成方といふ笛吹き)』の現代語訳と解説

原文(本文)

昔、趙の文王、和氏が璧、宝とせり。秦の昭王、いかでこの玉を(※1)てしがなと思ひて、使ひを遣はして、
「十五城を分かちて、玉に換へん。」

聞こゆ。趙王、大きに嘆き驚きて、(※2)藺相如を使ひとして、玉を持たせて秦にやる。昭王、うち取りて返さむともせざりければ、めぐらして、
潔斎の人にあらざれば、この玉を取ることなし。」

と言ひて、玉を請ひ取りてのち、にはかに怒れ(※3)色なして、柱をにらみて、玉をうち割らむとす。時に秦王、許して返してけり。

玉をこそ砕かねども、成方が風情、(※4)あひたり。

藺相如の活躍については、中国の故事「完璧」に記載。


現代語訳(口語訳)

昔、趙の文王が、和氏の璧(という名玉)を、宝として(持って)いました。秦の昭王は、どうにかしてこの玉を自分のものにしたいものだと思い、使者を(趙に行くよう)命じて、
十五の城を分配するので、玉(和氏の璧)と取り換えよう。

と申し上げました。趙王は、ひどく悲嘆しびっくりして、藺相如を使者として、玉を持たせて秦に行かせました。昭王は、(玉を手に)持って返そうともしなかったので、(藺相如は)策略を思い巡らして、
「心身を清めた人でなければ、この玉を取ること(があって)はなりません。」

と言って、玉を頼み求め(うまくだまして)受け取ったあと、急に怒った表情をして、柱をにらんで、玉を叩き割ろうとしました。そのときに秦王は、(藺相如のことを)許して(趙の国に)返しました。

玉こそ粉々にしてはいませんが、成方の有様は、互いに似ています。

藺相如の活躍については、中国の故事「完璧」に記載。


単語・文法解説

(※1)てしがな願望を表す終助詞
(※2)藺相如藺相如の活躍については、中国の故事「完璧」に記載
(※3)色ここでは「表情、顔色」の意味で訳す
(※4)あひ接頭語。「互いに」と訳す


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。