manapedia
更新日時:
枕草子『二月つごもりごろに』のわかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
363,297 views
枕草子『二月つごもりごろに』

ここでは、枕草子の『二月つごもりごろに』の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。作者の清少納言は平安時代中期の作家・歌人です。一条天皇の皇后であった中宮定子に仕えました。そして枕草子は、兼好法師の『徒然草』、鴨長明の『方丈記』と並んで「古典日本三大随筆」と言われています。



原文

二月つごもりごろに、風(※1)いたう吹きて、空(※2)いみじう黒きに、雪少しうち散りたるほど、黒戸に主殿寮きて、

と言へば、寄りたるに、
「これ、公任の宰相殿の。」

とてあるを、見れば、(※3)懐紙に、



少し春ある心地こそすれ

とあるは、げに今日の気色にいとよう合ひたるも、これが本はいかでかつくべからむ、と思ひ煩ひぬ。
「たれたれか。」

と問へば、
「それそれ。」

と言ふ。



皆いと(※4)恥づかしき中に、宰相の御答(いら)へを、いかでかことなしびに言ひ出でむ、と心ひとつに苦しきを、御前に御覧ぜさせむとすれど、上のおはしまし大殿籠りたり。主殿司は、
とくとく。」

と言ふ。げに遅うさへあらむは、いと取りどころなければ、さはれとて、

空寒み花にまがへてちる雪に

と、わななくわななく書きてとらせて、いかに思ふらむとわびし



これがことを聞かばやと思ふに、そしられたらば聞かじとおぼゆるを、
「俊賢の宰相など、『なほ内侍に奏しなさむ。』となむ、定め給ひし。」

とばかりぞ、左兵衛督の中将におはせし、語り給ひし。

現代語訳(口語訳)

二月の下旬ごろに、風がとても吹いて、空がたいそう暗く、雪が少し舞い散っているとき、黒戸(の部屋)に主殿寮の役人が来て、
「ごめんください。」

と言うので、近寄ったところ、
「これは、公任の宰相殿の(お手紙)です。」

といって差し出すのを、見ると、懐紙に



少し春めいた気がします。

と(書いて)あるのは、本当に今日の雰囲気によく合っており、この(歌の)上の句はどのようにつけるのがよいだろうかと、私は思い悩みました。
「(公任の宰相殿と一緒にいるのは)誰と誰ですか。」

と(主殿寮の役人に)尋ねてみると、
「その人とあの人(がいらっしゃいます)。」

と言います。皆気後れするほど立派な方々の中で、宰相殿へのお返事を、どうしてこともなげに口に出すことができましょうか、(いやできません、)と自分一人で考えるのは心配なので、中宮様にお目にかけようとしたのですが、天皇がいらっしゃって、(中宮様はご一緒に)お休みになられています。



主殿寮の役人は、
「早く早く(返事をください)。」

と言います。いかにも、(歌の内容が悪くそのうえ返事も)遅いとなっては、たいそうとりえもないので、ままよ、と思って
「空が寒いので、花と見間違えるかのように散る雪」

と、震え震え書いて(主殿寮の役人に)渡したのですが、(向こうの方々が)どのように思っているのだろうかと(考えると、)心細いです。これ(出した返事)の評判を聞きたいと思いますし、悪く言われていたら聞くものかとも思いますが、


「俊賢の宰相などが、『やはり(清少納言を)内侍に(採用するよう)と天皇に申し上げて任命しよう。』とお決めになられました。」

とだけ、左兵衛督で(当時)中将でいらっしゃった方が、お話をしてくださいました。

次ページ:品詞分解と単語解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。