manapedia
平家物語『能登殿最期・壇ノ浦の合戦』(およそ能登守教経の矢先に〜)の現代語訳・口語訳と解説
著作名: 走るメロス
80,685 views
平家物語『能登殿最期』

ここでは、平家物語『能登殿最期』の「およそ能登守教経の矢先にまはる者こそなかりけれ〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をおこなっています。書籍によっては「壇ノ浦の合戦」と題するものもあるようです。

原文

およそ能登守教経の矢先にまはる者こそなかりけれ。(※1)矢種のあるほど尽くして、今日を最後とや思はれけん、赤地の錦の直垂に、唐綾縅の鎧着て、厳物作りの大太刀抜き、白柄の大長刀の鞘をはづし、左右に(※2)持つてなぎまはりたまふに、面を合はする者ぞなき。多くの者ども討たれにけり。新中納言、使者を立てて、
「能登殿、(※3)いたう(※4)な作りたまひそさりとてよき敵か。」

のたまひければ、
さては大将軍に組め(※5)ごさんなれ。」

心得て、打ち物茎短に(※6)取つて、源氏の船に乗り移り乗り移り、をめき叫んで攻め戦ふ。


(※7)判官見知りたまはねば、物の具のよき武者をば、判官かと目をかけて馳せまはる。判官も先に心得て、表に立つやうにはしけれども、とかく違ひて、能登殿には組まれず。されどもいかがしたりけん、判官の船に乗り当たつて、あはやと目をかけて飛んでかかるに、判官かなはじとや思はれけん、長刀脇にかい挟み、味方の船の(※8)二丈ばかり退いたりけるに、ゆらりと飛び乗りたまひぬ。能登殿は、早業や劣られたりけん、やがて続いても飛びたまはず。

※つづき:「今はかうと思はれければ~」わかりやすい現代語訳と解説

現代語訳(口語訳)

まったく能登守教経の矢の正面に立ち回る者はいなかった。手持ちの矢をあるだけ射尽くして、今日を最後とお思いになったのだろうか、赤地の錦の直垂に、唐綾縅の鎧を着て、いかめしい作りをした大太刀を抜き、白木の柄の大長刀の鞘をはずして、左右(の手)に持ってなぎ払ってまわられると、顔をあわせる者はいない。(源氏の)多くの者たちが討たれた。新中納言は、(能登殿に)使者をやって、
「能登殿よ、あまり(人を殺して)罪をお作りなさるな。そうであるからと言って(そのように立ち回るほどの)立派な敵であろうか、いやそうではあるまい。」

と仰られたので、(能登殿は)
「それでは大将軍(源義経)に組討てというのだな。」

と理解して、太刀や長刀の柄を短く持って、源氏の船に乗り移り乗り移りして、大声で叫んで攻め戦う。


(能登殿は)義経をご存知でいらっしゃらないので、(身に着けている)武具の立派な武士こそ、義経かと目をつけて駆け回る。義経も(状況を)既に理解して、(能登殿の)正面に立つようなことはしたのだが、あれこれと行き違うようにして、能登殿とはお組みにならない。しかしどうしたことだったのだろうか、義経の船に乗り当たって、それっと目をつけて飛びかかると、義経は対等に戦えないとお思いになったのだろうか、長刀を脇に挟み込んで、味方の船で6メートルほど離れていたのに、ひらりと飛び乗りなさる。能登殿は、(このような)早業は(義経に)ひけをとられていたのだろうか、すぐに続いてはお飛び乗りにならない。

※つづき:「今はかうと思はれければ~」わかりやすい現代語訳と解説

品詞分解

※品詞分解:「およそ能登守教経の矢先に〜」の品詞分解

単語・文法解説

(※1)矢種手持ちの矢
(※2)持つタ行四段活用「もつ」の連用形「もち」の促音便
(※3)いたう形容詞「いたし」の連用形「いたく」のウ音便
(※4)な作りたまひそ「な〜そ」で禁止を表す
(※5)ごさんなれ連語:断定の助動詞「なり」の連用形「に」+係助詞「こそ」+補助動詞「あり」の連体形+推定伝聞の助動詞「なり」の已然形からなる「にこそあるなれ」の変化した形
(※6)取つラ行四段活用「とる」の連用形「とり」の促音便
(※7)判官源義経のこと
(※8)二丈一丈で焼く3メートル


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。