manapedia
更新日時:
竹取物語冒頭「今は昔、竹取の翁といふものありけり〜」現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
176,260 views
『竹取物語冒頭』原文・わかりやすい現代語訳と解説

このテキストでは、竹取物語の冒頭部分(今は昔、竹取の翁といふものありけり〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。



竹取物語とは

竹取物語は、平安時代初期に成立したとされる物語です。正確な成立年や作者は未詳です。


原文

今は昔、竹取の翁といふものありけり。野山にまじりて竹を取りつつ、よろづのことに使ひけり。名をば、さぬきの造となむいひける。その竹の中に、もと光る竹なむ一筋ありけるあやしがりて、寄り見るに、筒の中光りたり。それを見れば、三寸ばかりなる人、いとうつくしうたり。



現代語訳

今となっては昔のことですが、竹取の翁という者がいました。野や山に分け入って竹を取っては、いろいろなことに用立てたのでした。その名をさぬきの造と言いました。(ある日)その竹の中に、根元が光る竹がひとつありました。不思議に思って、近寄ってみると、竹筒の中が光っています。それ(の中)を見ると、三寸ぐらいの人が、とてもかわいらしい様子で座っています。

※一寸が約3.03cmですので、三寸は約9.1cmとなります。

【さらに詳しい解説】竹取物語冒頭「なよ竹のかぐや姫」わかりやすい現代語訳と解説


品詞分解

※品詞分解:「今は昔、竹取の翁といふもの〜」の品詞分解


練習問題にチャレンジ!

竹取物語冒頭『かぐや姫の生い立ち』テストで出題されそうな問題


関連テキスト

・竹取物語『冒頭』(今は昔、竹取の翁といふもの〜)

・竹取物語『蓬莱の玉の枝』(くらもちの皇子は〜)

・竹取物語『蓬莱の玉の枝』(かかるほどに、門をたたきて〜)

・竹取物語『蓬莱の玉の枝』(翁、皇子に申すやう、)

・竹取物語『蓬莱の玉の枝』(その山、見るに、さらに登るべきやうなし。~)

・竹取物語『蓬莱の玉の枝』(かかるほどに、男ども六人、つらねて~)

・竹取物語『火鼠の皮衣』(家の門に持て至りて立てり)

・竹取物語『帝の求婚』(帝、にはかに日を定めて~)

・竹取物語『かぐや姫の嘆き』(八月十五日ばかりの月に出でゐて、~)

・竹取物語『かぐや姫の昇天』(かかるほどに、宵うち過ぎて、〜)

・竹取物語『かぐや姫の昇天』(立てる人どもは~)

・竹取物語『かぐや姫の昇天』(竹取、心惑ひて~)

・竹取物語『かぐや姫の昇天』(天人の中に持たせたる箱~)


著者情報:走るメロスはこんな人

学生時代より古典の魅力に取り憑かれ、社会人になった今でも休日には古典を読み漁ける古典好き。特に1000年以上前の文化や風俗をうかがい知ることができる平安時代文学がお気に入り。作成したテキストの総ページビュー数は1,6億回を超える。好きなフレーズは「頃は二月(にうゎんがつ)」や「月日は百代の過客(くゎかく)にして」といった癖のあるやつ。早稲田大学卒業。

このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。






中学国語