manapedia
更新日時:
『大納言殿参り給ひて』のわかりやすい現代語訳と解説 枕草子
著作名: 走るメロス
227,262 views
『大納言殿参り給ひて』

ここでは、枕草子の中の『大納言殿参り給ひて』の現代語訳と解説をしています。作者は清少納言です。



※清少納言は平安時代中期の作家・歌人です。一条天皇の皇后であった中宮定子に仕えました。そして枕草子は、兼好法師の『徒然草』、鴨長明の『方丈記』と並んで「古典日本三大随筆」と言われています。

原文

大納言殿参り給ひて、文のことなど奏し給ふに、例の、夜いたくふけぬれば、御前なる人々、一人二人づつ失せて、御屏風・御几帳のうしろなどにみな隠れ ふしぬれば、ただ一人、眠たきを念じて候ふに、
「丑四つ。」

と奏すなり。


「明け侍りぬなり。」

独りごつを、大納言殿、
いまさらに、な、大殿籠りおはしましそ。」

とて、寝べきものとも思いたらぬを、
うたて、なにしにさ申しつらむ。」

と思へど、また人のあらばこそは紛れも臥さめ。



上の御前の、柱によりかからせ給ひて、すこし眠らせ給ふを、
「かれ見奉らせ給へ。今は明けぬるに、かう大殿籠るべきかは。」

と申させ給へば、
げに。」

など宮の御前にも笑ひ聞こえさせ給ふも、知らせ給はぬほどに、長女が童の、鶏をとらへ持てきて、
に里へ持ていかむ。」

と言ひて、隠しおきたりける、いかがしけむ、犬みつけて追ひければ、廊の間木に逃げいりて、恐ろしう 鳴きののしるに、みな人おきなどしぬなり。上もうち驚かせ給ひて、
「いかでありつる鶏ぞ。」

など尋ねさせ給ふに、大納言殿の、
「声、明王の眠りを驚かす。」

といふことを、高ううち出だし給へる、めでたうをかしきに、ただ人の眠たかりつる目もいと大きになりぬ。


いみじき折のことかな。」

と、上も宮も興ぜさせ給ふ。なほかかることこそめでたけれ
 

またの夜は、夜の御殿に参らせ給ひぬ。夜中ばかりに、廊に出でて人よべば、
「下るるか。いで、送らむ。」

とのたまへば、裳、唐衣は屏風にうちかけていくに、月のいみじう明かく、御直衣のいと白う見ゆるに、指貫を長う踏みしだきて、袖をひかへて、
「倒るな。」

と言ひて、おはするままに、
游子、なほ残りの月に行く。」

と誦し給へる、またいみじうめでたし。
「かやうの事、めで給ふ。」

とては笑ひ給へど、いかでか、なほをかしきものをば。

次ページ:現代語訳(口語訳)


1ページ
前ページ
1/3
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。