manapedia
更新日時:
土佐日記『黒鳥のもとに(白波・かしらの雪)』 わかりやすい現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
66,607 views
はじめに

このテキストでは、紀貫之が書いた土佐日記の一節「黒鳥のもとに(白波・かしらの雪)」(二十一日〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。



※土佐日記は平安時代に成立した日記文学です。日本の歴史上おそらく最初の日記文学とされています。作者である紀貫之が、赴任先の土佐から京へと戻る最中の出来事をつづった作品です。
原文

二十一日。卯の時ばかりに船出だす。みな人々の船出づ。これを見れば、春の海に秋の木の葉しも散れるやうにぞありけるおぼろけの願によりてにやあらむ、風も吹かず、よき日出で来て、漕ぎ行く。

この間に、使はれむとて、付きて来る童あり。それが歌ふ船唄、
なほこそ国の方は見やらるれ、わが父母ありとし思へば。帰らや。
 
と歌ふぞあはれなる



かく歌ふを聞きつつ漕ぎ来るに、黒鳥といふ鳥、岩の上に集まり居り。その岩のもとに、波白く打ち寄す。楫取りの言ふやう、

「黒鳥のもとに、白き波を寄す」


とぞ言ふ。この言葉、何とにはなけれども、物言ふやうにぞ聞こえたる。人のほどに合はねば、とがむるなり。かく言ひつつ行くに、船君なる人、波を見て、



より始めて、海賊報いせむと言ふなることを思ふ上に、海のまた恐ろしければ、頭もみな白けぬ。七十ぢ、八十ぢは、海にあるものなりけり。
 
わが髪の雪と磯辺の白波といづれまされり沖つ島守楫取り、言へ


現代語訳


21日。午前6時ごろに船で出発させる。皆の船も出港した。この様子を見ると、春の海に秋の木の葉が散っているような情景であった。(船を木の葉に例えている)。格別な祈願によってであろうか、風も吹かないで、よい天気が巡ってきて、(船を)こいで行く。

さて、こんなときに(私たちに)使ってもらおうと思ってついてきた子どもがいる。その子どもが船歌を歌っている。
ついてきちゃったけど、やっぱり自分の国の方を自然と見てしまう。自分の父母がいると思えば。帰ろうよ。

と歌うのは、とても趣深い。



このような歌を聞きながら船を進めていると、黒鳥という名の鳥が岩の上に集まっていた。その岩のところに白い波が打ち寄せている。船のかじ取りが、
鳥のところにい波が寄せている」

と言う。この言葉はなんともないのだけれど、気の利いたことを言う(「黒」と「白」とをかけて言っている)ように聞こえる。(表現の仕方がかじ取りという)身分に似合わないので、気にかけるのである。このように言っているうちに、紀貫之が波をみて、



「土佐を出発してから、海賊が報復してくるだろう(紀貫之が国司時代に海賊を取り締まっていたと推測)という噂を思う上に、海もまた恐ろしいので(心配事だらけで)髪の毛がすっかり白髪になってしまたよ。70歳、80歳になる理由は海にあったのだなぁ。

私の髪の毛と波の白さとではどちらが白いのだろうか、沖の島の守り主よ。船のかじ取りよ、島の守り主の代わりに答えておくれ。


次ページ:品詞分解と単語解説

【受験日本史】日露戦争、韓国併合、満州進出、桂園時代について解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。