新規登録 ログイン

9_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

伊勢物語『渚の院(昔、惟喬親王と申す親王おはしましけり〜)』の現代語訳と文法解説

著者名: 走るメロス
Text_level_1
マイリストに追加
伊勢物語『渚の院』

ここでは、伊勢物語の82段『渚の院』(昔、惟喬親王と申す親王おはしましけり)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。

原文(本文)

昔、惟喬親王と申す親王おはしましけり。山崎の(※1)あなたに、(※2)水無瀬といふ所に、宮ありけり。年ごとの桜の花盛りには、その(※3)宮へなむおはしましける。その時、右馬頭なりける人を、常にておはしましけり。時世久しくなりにければ、その人の名忘れにけり。狩りはねむごろにもせで、酒をのみ飲みつつ、(※5)やまと歌にかかれりけり。

今狩りする交野の渚の家、その院の桜、ことにおもしろし。その木のもとに下りゐて、枝を折りてかざしにさして、上、中、下、みな歌詠みけり。馬頭なりける人の詠める。

世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし

※歌の解説

となむ詠みたりける。また人の歌、

散ればこそいとど桜はめでたけれ憂き世になにか久しかるべき

歌の解説

とて、その木のもとは立ちて帰るに、日暮れになりぬ。


御供なる人、酒をもたせて、野よりいで来たり。この酒を飲みてむとて、よき所を求め行くに、天の河といふ所に至りぬ。親王に馬頭、(※6)大御酒参る。親王ののたまひける、

「交野を狩りて天の河のほとりに至るを題にて、歌詠みて杯はさせ。」


とのたまふければ、かの馬頭、詠みて奉りける。

狩り暮らし(※7)たなばたつめに宿からむ天の河原に我は来にけり

歌の解説


親王、歌を返す返す誦じ給うて、返しえし給はず。紀有常、御供に仕うまつれり。それが返し、

ひととせにひとたび来ます君待てば宿かす人もあらじとぞ思ふ

歌の解説



帰りて宮に入らせ給ひぬ。夜更くるまで酒飲み、物語して、あるじの親王、酔ひて入り給ひなむとす。十一日の月も隠れなむとすれば、かの馬頭の詠める。

飽かなくにまだきも月の隠るるか山の端逃げて入れずもあらなむ

歌の解説

親王にかはり奉りて、紀有常、

おしなべて峰も平になりななむ山の端なくは月も入らじを

歌の解説


現代語訳(口語訳)

昔、惟喬親王と申し上げる親王がいらっしゃいました。山崎の向こう側で、水無瀬というという所に、御殿がありました。毎年の桜の花盛り(の時期)には、その御殿へとお出かけになりました。その時に、右馬頭であった人を、常に引き連れていらっしゃいました。年月が過ぎて長い時が経ってしまったので、その人の名前は忘れてしまいました。狩りは熱心にはせずに、お酒を飲みながら、和歌に熱中していました。

今、狩りをする交野の渚の家では、その院の桜が、とりわけ趣があります。その木の下に(馬から)下りて座り、枝を折って髪飾りとして挿して、身分が上の者、中位の者、下位の者、みな歌を詠みました。馬頭であった人の詠んだ(歌)。

この世の中に、全く桜というものがなかったなら、春を過ごす人の心はどんなにのどかであることでしょう。

※歌の解説

と詠みました。また別の人の歌は、

散るからこそ、桜はいっそうすばらしいのです。このつらい世の中にいつまでも存在するものがあるでしょうか、いやありません。

歌の解説

と詠んで、その木の下から離れて帰ると、日暮れになりました。


お供である者が、酒を(従者に)持たせて、野(の方)からやってきました。この酒を飲もうといって、よい場所を求めて行くと、天の川という場所に行き着きました。親王に馬頭が、お酒をさしあげます。親王がおっしゃいました、

「交野で狩りをおこなって、天の川のほとりに行き着いたことを題にして、歌を詠んで杯にそそぎなさい。」


とおっしゃったので、その馬頭は、(歌を)詠み差し上げました。

一日中狩りをして日暮れになったので、(今夜は)織姫に宿を借りることとしましょう。天の川の河原に私はきたのだなあ。

歌の解説


親王は、歌を繰り返し繰り返し口ずさみなさって、返歌をなさることがおできになりません。紀有常が、お供としてお仕え申し上げていました。その人が(親王に代わって)返事をすることには、

(織姫は)一年に一度おいでになる人を待っているのですから、(その方以外に)宿を貸す相手はいないだろうと思います。

歌の解説


(親王は)帰って御殿にお入りになられました。夜が更けるまで酒を飲み、世間話をして、主である親王は、酔って(寝床に)お入りになろうとされます。十一日の月も(山の端に)隠れようとするので、あの馬頭が(歌を)詠む。

まだ満足していないのに、もっと眺めていたいのに、もう月が隠れてしまうのでしょうか。山の端よ、逃げて月を入れないでおくれ。

歌の解説

親王に代わり申し上げて、紀有常(が詠んだ歌)、

(いっそのこと)一様に、どの峰も平らになってほしいものです。山の端がなければ、月も(山の端に)入らないだろうに。

歌の解説


次ページ:品詞分解と単語解説

1ページへ戻る
前のページを読む
1/2
次のページを読む

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
ベネッセ全訳古語辞典 改訂版 Benesse
全訳読解古語辞典 第四版 三省堂
『教科書 精選古典B 古文編』 東京書籍
佐竹昭広、前田金五郎、大野晋 編1990 『岩波古語辞典 補訂版』 岩波書店

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 175,666 pt 
 役に立った数 313 pt 
 う〜ん数 40 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。