新規登録 ログイン
検索条件
タグ 本文

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
枕草子『宮に初めて参りたるころ』 ここでは、枕草子の中の『宮に初めて参りたるころ』(宮に初めて参りたるころ、もののはづかしきことの数知らず〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文(本... (全て読む)
9_80
Text_level_1
徒然草『家居のつきづきしく』 ここでは徒然草の中の『家居のつきづきしく』(家居のつきづきしく、あらまほしきこそ〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 原文(本文) 家居のつきづきしく、あ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
宇治拾遺物語『小野篁、広才のこと』 ここでは、宇治拾遺物語の中の『小野篁、広才のこと』の現代語訳(口語訳)とその解説をしています。 原文(本文) 今は昔、小野篁といふ人 おはしけり。嵯峨の帝の御... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『渚の院』 ここでは、伊勢物語の中の『渚の院』の現代語訳と解説をしています。 原文(本文) 昔、惟喬親王と申す親王おはしましけり。山崎のあなたに、水無瀬といふ所に、宮ありけり。年ごとの桜... (全て読む)
9_80
Text_level_1
宇治拾遺物語『袴垂、保昌に会ふこと』 ここでは宇治拾遺物語の中の『袴垂、保昌に会ふこと』の現代語訳と解説を行っています。書籍によっては、「袴垂と保昌 」、「袴垂、保昌に合ふ事」と題されているもの... (全て読む)
9_80
Text_level_1
古今著聞集『能は歌詠み』 ここでは、古今著聞集の中の『能は歌詠み』の現代語訳と解説をしています。 原文(本文) 花園の左大臣の家に、初めて参りたりける侍の、名簿のはしがきに、 「能は歌詠み。」 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『通ひ路の関守』 ここでは、伊勢物語の中の『通ひ路の関守』の現代語訳と解説をしています。 原文(本文) 昔、男ありけり。東の五条わたりに、いと忍びて行きけり。みそかなる所なれば、門よりも... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『須磨の秋』 ここでは、源氏物語の中の『須磨の秋(げに、いかに思ふらむ〜)』の現代語訳と解説をしています。 原文(本文) 「 げに、いかに思ふらむ、我が身ひとつにより、親、はらから、かた... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『小野篁、広才のこと』 ここでは、宇治拾遺物語の中の『小野篁、広才のこと』の品詞分解をしています。 ※現代語訳: 宇治拾遺物語『小野篁、広才のこと』のわかりやすい現代語訳 品詞分解 ※名詞は省略... (全て読む)
9_80
Text_level_1
発心集『叡実、路頭の病者を憐れむ事 』 ここでは、発心集の中の『叡実、路頭の病者を憐れむ事 』の現代語訳と解説を行っています。 原文(本文) 山に叡実阿闍梨といひて、貴き人ありけり。帝の御悩み重... (全て読む)

1

2

3

4