新規登録 ログイン
検索条件
タグ 伊勢物語

1

2

3

4

9_80
Text_level_1
伊勢物語『東下り・三河』 このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語の9段「東下り」の「昔、男ありけり。その男、身をえうなきものに思ひなして〜」から始まる部分の現代語訳と解説をしています。... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『芥川・白玉か』 このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語の『芥川』の「昔、男ありけり。女の、え得まじかりけるを〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍に... (全て読む)
17_80
Text_level_1
国風文化の台頭 10世紀になると、貴族を中心とする文化が起こりました。これを国風文化と言います。 平仮名と片仮名の普及 国風文化を代表するものに、平仮名や片仮名を使った文学作品があります。 平仮... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『初冠』 このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語の一節、「初冠」の現代語訳と解説をしています。作者は不明です。 初冠のあらすじ 初冠とは、元服の儀式のときに初めて冠を着けること... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『筒井筒』 このテキストでは、伊勢物語の23段「筒井筒」の「さて、年ごろ経るほどに〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。3回にわけて解説していますが、このテキストは... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『筒井筒』 このテキストでは、伊勢物語の23段「筒井筒」の「昔、田舎わたらひしける人の子ども〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。3回にわけて解説していますが、この... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『東下り(三河国編)』 このテキストでは、伊勢物語「東下り(三河国編)」(昔、男ありけり〜)の品詞分解をしています。 現代語訳はこちら 「昔、男ありけり〜」の現代語訳と解説」 品詞分解 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
芥川(白玉か) このテキストでは、伊勢物語の中の『芥川』(昔、男ありけり。女の、え得まじかりけるを〜)の品詞分解を行っています。書籍によっては「白玉か」と題するものもあるようです。 ※現代語訳:... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『東下り・駿河国』 このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語の9段「東下り・駿河国」の「行き行きて、駿河の国にいたりぬ〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『東下り(すみだ河編)』 このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語の9段「東下り・隅田川」の「なほ行き行きて、武蔵の国と下総の国との中に〜」から始まる部分の現代語訳と解説をしてい... (全て読む)

1

2

3

4


知りたいことを検索!