manapedia
更新日時:
更級日記『物語・源氏の五十余巻』(はしるはしる、わづかに見つつ〜)の現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
210,449 views
更級日記『物語・源氏の五十余巻』

このテキストでは、更級日記の一節『物語』の「はしるはしる、わづかに見つつ〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。書籍によっては「源氏の五十余巻」と題されるものもあるようです。



※前回のテキスト:「かくのみ思ひくんじたるを〜」の現代語訳と解説

※更級日記は平安中期に書かれた回想録です。作者である菅原孝標女の人生の回想を通して、平安時代の人々の動向をうかがい知れる文学作品です。
原文

はしるはしる、わづかにつつ、心も心もとなく思ふ源氏を、一の巻よりして、人も交じらず、几帳の内にうち伏して、引き出でつつ見る心地、后の位も何にかはせむ。昼は日ぐらし、夜は目の覚めたる限り、灯を近くともして、これを見るよりほかのことなければ、おのづからなどは、そらにおぼえ浮かぶを、いみじきことに思ふに、夢に、いと清げなる僧の、黄なる地の袈裟着たるが来て、
「法華経五の巻をとく習へ。」



と言ふと見れど、人にも語らず、習はむとも思ひかけず、物語のことをのみ心にしめて、
「我はこのごろわろきぞかし。盛りにならば、容貌限りなく よく、髪もいみじく長くなりなむ。光の源氏の夕顔、宇治の大将の浮舟の女君のやうにこそあらめ。」

と思ひける心、まづいとはかなくあさまし

現代語(口語訳)

(これまで)胸をわくわくさせながら、(部分的に)少し読んでは、(ストーリーが)よくわからずにじれったく思っている源氏物語を、一の巻から読み始めて、誰にも邪魔されず、几帳の中に横になって、(箱のなかから)取り出して見る心地は、后の位も何になろうか、いや何にもならない。



昼は一日中、夜は目が覚めている間、明かりを近くにつけて、これを読むこと意外のことは何もしなかったので、自然と、(源氏物語の文章などが)何も見ずに思い出されるのを、素晴らしいことだと思っていると、夢に、たいそうこざっぱりとして美しい僧で、黄色い地の袈裟を着ている人が来て、
「法華経五の巻をはやく習いなさい。」

と言う夢を見たのだが、(そのことは)人にも話さず、習おうとも気にかけず、物語のことだけで心をいっぱいにして、


「私はまだ器量がよくないわ。(しかし)年ごろになれば、見た目もこの上なく美しく、髪もきっとたいそう長くなるだろう。きっと光源氏の愛人の夕顔、宇治の大将の愛人の浮舟の姫君のようになるのだろう。」

と思っていた心は、(今思うと)あさはかで呆れ果てたものである。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。