manapedia
更新日時:
伊勢物語『すける物思ひ』の現代語訳と解説
著作名: 走るメロス
67,022 views
伊勢物語『すける物思ひ』

ここでは、伊勢物語の第40段『すける物思ひ』(昔、若き男、けしうはあらぬ女を思ひけり〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。

原文(本文)

昔、若き男、(※1)けしうはあらぬ女を思ひけり。さかしらする親ありて、思ひ(※2)もぞつくとて、この女をほかへ追ひやらむとす。さこそいへ、まだ追ひやらず。人の子なれば、まだ心いきほひなかりければ、とどむるいきほひなし。女もいやしければ、すまふ力なし。さる間に、思ひはいやまさりにまさるにはかに、親、この女を追ひうつ。男、血の涙を流せども、とどむるよしなし。て出でて往ぬ。男、泣く泣く詠める。

出で往なばたれか別れの難からむありしにまさる今日は悲し

歌の解説


と詠みて、絶え入りにけり。親あわてにけり。(※3)なほ思ひてこそ言ひしか、いとかくしもあらじと思ふに、真実に絶え入りにければ、まどひ願立てけり。今日の入相ばかりに絶え入りて、またの日の戌の時ばかりになむ、からうじて生き出でたりける。

昔の若人は、さるすけ物思ひをなむしける。今の翁、まさにしなむや。

現代語訳(口語訳)

昔、若い男性が、(容姿が)悪くはない女性を愛しました。(しかしこの男性には)おせっかいをする親がいて、(我が子が女性に対して離れられないぐらい)恋心を抱いたら困ると(思い)、この女性をよそへ追い出そうとしています。(ただ)そうは言うものの、まだ追い出してはいません。(男性は)親がかりの身なので、まだ(女性をよそにやらないようにと親にお願いをするほどの)気力がなかったので、(女性を)引き止める力がありません。女性も身分が低いので、(それに)抵抗する力がありません。そうしているうちに、(男性の女性への)恋心はますます激しく募ります。突然、親はこの女性を追い出します。男性は、血の涙を流しますが、(女性が出て行くのを)引き止めるすべがありません。(ついに従者が女性を)連れて出て行ってしまいました。男性は、泣きに泣きながら(次の歌を)詠みました。

(女性が自ら)出て行ったのならば、誰が別れ難いと思いましょうか。(しかしそうではないので)今までにまさって、今日は悲しいことですよ

歌の解説


と詠んで、気を失ってしまいました。親はあわてました。なんといってもやはり(息子のことを)思って言ったのですが、本当にこれほど(女性がいなくなると気絶してしまうほど、女性を思う気持ちが強い)でもあるまいと思うのに、本当に気を失ってしまったので、(親は)うろたえて神仏に祈願しました。今日の夕暮れ時ぐらいに気を失って、翌日の午後八時頃になって、ようやく息を吹き返しました。

昔の若者は、そのような打ち込んだ悩み事(=恋)をしたものです。いまの老人には、どうして(このような恋が)できましょうか、いやできないでしょう。

次ページ:品詞分解と単語・文法解説


1ページ
前ページ
1/2
次ページ


このテキストを評価してください。
役に立った
う~ん・・・
※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。